不妊治療最前線

助成金制度が掘り起こした "妊活"という鉱脈

「不妊治療で一発当てた〇〇先生がビルを建てたらしい」──。そんな会話が産婦人科医の間で日常茶飯事だという。不妊治療が一大市場となった背景には、思わぬ伏兵の存在があった。

 「かつて産婦人科医は、お産でもうけ、次には中絶手術でもうけ、今は不妊治療でもうける……」

 長年不妊治療に携わってきた産婦人科医は自嘲気味にこう話す。正確な統計はないが、ここ10~15年で産科や婦人科の医師の不妊領域へのくら替えが相次ぎ、同時に不妊治療専門のクリニックが激増したのは、多くの医療関係者が認めるところだ。

 背景には、晩婚化によって不妊に悩む夫婦が増えたことによるニーズの拡大があるが、「特定不妊治療費助成制度」(下の図参照)が、不妊“ビジネス”を拡大させた要因だと指摘する向きも多い。

 実は、日本は世界で最も生殖補助医療(夫婦自身の精子と卵子を使用)の件数が多く(「ICMART〈国際生殖補助医療監視委員会〉」のレポートによる)、“生殖医療大国”として知られる米国よりも多い。

生殖補助医療のニーズ拡大から生まれた医療職、胚培養士は、常に売り手市場。クリニック間で奪い合いとなっている

 ちなみに欧州で最も多いフランスでも、実施件数は日本の半分以下。先進国の中で日本は、最も生殖補助医療が普及している国なのである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2018年7/21号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2018-07-17

この連載について

初回を読む
不妊治療最前線

週刊ダイヤモンド

不妊がいまだタブー視され、オープンに語りにくい日本。そのせいか、インターネット上には口コミなど実にさまざまな情報があふれ、患者たちは右往左往している。本特集では不妊治療の実態、そして全国不妊治療施設に実施したアンケートを基に医療機関の...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード