不妊治療最前線

家計も夫婦仲も炎上させない “妊活クライシス”回避術

かさむ費用に、先の見えない治療。冷静を保てと言われる方が難しい状況だが、一歩間違えれば金も伴侶も失ってしまう。そんな“妊活クライシス”に陥らないためのノウハウを解説する。

 「外車1台は買える金額です」。不妊治療の経験者たちは、これまで費やした治療費について、このように例えることが少なくない。

 不妊治療の経験者1111人を対象に、治療費の合計を調査した結果が次の図だ。実に半数近くが100万円以上と回答している。2年間で19回もの顕微授精にトライした谷本恵子さん(仮名、41歳)もその一人。不妊治療以外でも、サプリメントや漢方、鍼灸などあらゆる代替療法を試したばかりか、“妊娠しやすくなる”という温泉にも足を運んだ。

 そんな医療機関の治療費以外の費用も合わせた総額、つまり“妊活代”は、実に600万円。まさに外車1台分である。

 幸い谷本夫妻は治療の末、男の子を授かった。「できれば2人目も欲しい」という谷本さんに、「あのつらい治療をもう一度やろうと思うか」と問うと、「お金じゃないんです」という言葉が返ってきた。

2015年の谷本さんの治療費。確定申告で医療費として申請すれば、幾らか返ってくる場合も

 確かに子宝を金に換算することはできない。しかし、「お金じゃない」と、気の済むまで治療費をつぎ込んだ先に待つのは家計破綻だ。

 Money&You取締役で、ファイナンシャルプランナーの高山一恵さんは「不妊治療中の相談者は増えている」と話す。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2018年7/21号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2018-07-17

この連載について

初回を読む
不妊治療最前線

週刊ダイヤモンド

不妊がいまだタブー視され、オープンに語りにくい日本。そのせいか、インターネット上には口コミなど実にさまざまな情報があふれ、患者たちは右往左往している。本特集では不妊治療の実態、そして全国不妊治療施設に実施したアンケートを基に医療機関の...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード