わかる日本書紀

アマテラスは伊勢国がお気に入り【第十一代④】

ややこしい日本書紀をわかりやすく紹介した『わかる日本書紀① 神々と英雄の時代』から、日本の正史を学ぶ連載。

ヤマトヒメ、伊勢に斎宮(さいぐう)を建てる

二十五年二月八日、天皇は五人の臣下たちに、天神地祇(あまつかみくにつかみ)を祭る大切さを詔しました。
その五人は、阿倍臣(あへのおみ)※1の遠祖・タケヌナカワワケ(武渟川別)、和珥臣(わにのおみ)の遠祖・ヒコクニブク(彦国葺)、中臣連(なかとみのむらじ)※2の遠祖・オオカシマ(大鹿島)、物部連(もののべのむらじ)の遠祖・トオチネ(十千根)、大伴連(おおとものむらじ)の遠祖・タケヒ(武日)です。

「先帝・崇神(すじん)天皇は賢く物事に通じておられた。聡明で慎み深く、献身して政治を取りまとめ、天の神・地の神を祭って己に打ち勝ち日々慎まれた。
それで民は富み満ち足りて、天下泰平であった。我が世においても天神地祇を祭ることを怠ってよいはずがあろうか」

三月十日、アマテラス(天照大神)をトヨスキイリビメ(豊耜入姫命)から離して、ヤマトヒメ(倭姫命)に託しました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

日本のはじまりを知る一冊。

マンガ遊訳 日本を読もう わかる日本書紀1 神々と英雄の時代

村上 ナッツ,村田 右富実,つだ ゆみ
西日本出版社
2018-12-18

この連載について

初回を読む
わかる日本書紀

村田右富実 /つだゆみ /村上ナッツ

『日本書紀』は神代から第41代持統天皇の時代までを扱った日本最古の歴史書です。しかし本文は漢文、全30巻と長く読解は難しいため、正史ながら読んだことのある人はほぼいません。そこで、劇作家が書くわかりやすい文章と、親しみやすいキャラクタ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません