不妊治療最前線

35歳を過ぎると男女共に妊娠率が低下 素直に医療の力を借りよう

日本人は“自然”が大好きだ。だからこそ、子どもを持つ手段も自然にこだわる。しかし、晩婚化が著しい昨今、そのこだわりが妊活の最大の妨げになりかねない。

 「自分がもっと早く検査していれば」。お互い30代半ばで結婚したというアラフォー男性は、結婚後2年間子どもができず、その間妻だけが医療機関に通っていた。その後、男性側の精子が少なく自然妊娠が厳しいことが分かり、それからの治療にさらに数年を要した。

 幸い治療の末、子どもを授かったからよいものの、百万円単位の治療費が掛かった上、40代からの育児は体力的にもキツい。

 「妻だけが受診していたせいで、治療が遅れた。女性は35歳過ぎてから急激に妊娠しづらくなる。自分がもう少し早く検査していれば、最初の2年間が無駄にはならなかった」と後悔する。

 この男性が言うように、女性は先天的な要因がなく、ごく健康でも、加齢が不妊の主たる原因となることは、医学的に証明されている。

 35歳からは坂道を転げ落ちるように妊娠しづらくなり、40歳を過ぎると妊孕(にんよう)率(妊娠しやすさ)は20代の4割程度にまで落ちてしまう(次の図参照)。

 見た目は20代とさほど変わらない“美魔女”妻も、その中身は年齢相応。不妊がここまでメジャーとなったのも、晩婚化による妻の高齢化が背景なのは、残酷ではあるが現実だ。後でも述べるが、たとえ不妊治療をしたとしても、妻が高齢であるほど結果は思わしくない。

 だからこそ、男性に不妊の原因があるのなら、できるだけ早く見つけて治療することが重要なのだ。

 特に妻が35歳以上で子どもを望むなら、「いつかできるでしょ」と悠長に構えている暇は一切ない。

 一昔前は、子どもができない女性のことを「石女(うまずめ)」という蔑称で呼ぶことがあった。現在は聞かなくなったものの、ある一定以上の年齢層には、まだまだ「子どもができないのは妻のせい」という固定観念が根強い。

 しかし、プロローグで紹介したように、大規模な調査による客観的な統計がWHOから出ている以上、「不妊の原因の半分は男性」ということは重ねて強調しておきたい。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2018年7/21号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2018-07-17

この連載について

初回を読む
不妊治療最前線

週刊ダイヤモンド

不妊がいまだタブー視され、オープンに語りにくい日本。そのせいか、インターネット上には口コミなど実にさまざまな情報があふれ、患者たちは右往左往している。本特集では不妊治療の実態、そして全国不妊治療施設に実施したアンケートを基に医療機関の...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード