不妊治療最前線

プロローグ】このままでは“自然妊娠”は難しいです。

「このままでは自然妊娠は難しいです」。広瀬孝志さん(仮名、20代男性)は、泌尿器科の医師からこう告げられて、思わず耳を疑った。

 交際相手の女性が“ブライダルチェック”と称し、妊娠しづらい原因がないかを検査していたことを知り、自分も一応調べておこうと思ったのだ。

 その結果、動いている精子の割合、「精子運動率」が正常値よりかなり低かった。この数値では、女性の体内で精子が卵子までたどり着くことは極めて難しいという。

 ちまたには不妊で悩む夫婦がいるらしいことは知っていたが、自分の周囲では聞いたことがない。

 しかも、自分はまだ20代と若い。今回の検査だって、「あなたは大丈夫」というお墨付きをもらうためだったはず──。

 「彼女に何て言おう……」

 インターネットで「不妊治療」を検索してみると、治療費が随分と掛かることだけは分かる。

 彼女はもちろん、友人、両親にも言えない。周囲から取り残されたような孤独感、そして「“子どもを持つという当たり前のことができない”という劣等感にさいなまれるようになった」と広瀬さんはうなだれた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2018年7/21号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2018-07-17

この連載について

不妊治療最前線

週刊ダイヤモンド

不妊がいまだタブー視され、オープンに語りにくい日本。そのせいか、インターネット上には口コミなど実にさまざまな情報があふれ、患者たちは右往左往している。本特集では不妊治療の実態、そして全国不妊治療施設に実施したアンケートを基に医療機関の...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード