人間の価値は能力によって決まるのか【第9回】

発達障害は「発達個性」。ディスレクシアなど学習障害を抱えながらも、世界的に活躍している著名人がいます。では、そうした「優れた能力」を持たない人は価値がないのでしょうか? そして、茂木健一郎さんのお母さんに起きた「小さな奇跡」とは?
脳科学者・茂木さんと臨床心理学者・長谷川博一さんによる新刊『生きる──どんなにひどい世界でも』を連載で全文公開。(火・木・土更新)

photo by 飯本貴子

特殊な能力を持っている子も そうでない子も全く等価

長谷川 私が今、気になっていることについて、茂木さんに意見をうかがいたいのですが、ある人が生まれながらに持っている個性に対して、それを努力や訓練によって少しでも標準に近づけなさいという圧力が、日本の社会は非常に強いですよね。社会は標準から外れることを許さず、できるだけ標準に近づけようとする。その中で、その人が苦しんでいる。

茂木 例えばそれは、学習障害や発達障害ということですか。

長谷川 それも含みます。外から見てわかりづらい障害の場合には特に、気持ちの問題だとか努力が足りないと言われてしまう。

茂木 先ほど、長谷川さんは、発達障害を「発達個性」と呼ぶと言われていましたが、僕も全く同意します。

 よく挙げる例はディスレクシア(※17)です。例えば俳優のトム・クルーズさん、スティーブン・スピルバーグ監督をはじめ、すごい能力を発揮されている方が多いですよね。それはなぜかというと、文章が読めない、成績が悪い、だけどその分真剣に人の話をよく聞くから。トム・クルーズさんなら、監督に役柄について聞いて、それを自分なりに理解して、咀嚼して、演ずるという能力が発達していると思うんです。

 僕は、いろんな個性を持った人をある典型的な状態、標準に近づけようとするのは愚かなことだと考えています。昔、オーストラリアでアボリジニ(※18)の人を、アボリジニの文化から隔離して白人の家庭で育てるという愚行をしたことがありましたが、それに近いぐらい愚かなことだと現時点で断定していい。

長谷川 私も心から同意ですね。ただそこで気になるのは、トム・クルーズさんやスピルバーグさんなど、成功した方の例を挙げると、「あの人はそういう秀でたものがあったからで、私にはない」という声が聞こえてくることです。

茂木 そうですね。わかりやすい例をと思って名前を挙げました。高機能自閉症の子がサヴァン能力を持っている──カレンダー計算ができるとか、写真的記憶があって見た風景を絵で描ける──といいんだけど、そうじゃない高機能自閉症の子はどうなのか、という議論と近いものがありますね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

脳と心で考える、生きづらさの正体

生きる──どんなにひどい世界でも

茂木 健一郎,長谷川 博一
主婦と生活社
2019-07-19

この連載について

初回を読む
生きる──どんなにひどい世界でも

茂木健一郎 /長谷川博一

「生きづらさ」の正体は何なのか? 現代社会の病理はどこにある? 脳科学者と臨床心理学者が出会ったとき、いのちが動きはじめ、世界の見え方が変わります──。7月19日発売の書籍を全文公開。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

20040401hades #スマートニュース 3ヶ月前 replyretweetfavorite

cattise2 今回の対談一番好き。 3ヶ月前 replyretweetfavorite

megamurara 「ただ人間がいるだけ」=とても素敵な言葉だと思いました。 3ヶ月前 replyretweetfavorite

muni83403165 今回アツい……!冒頭からアツい!なんかもう全文スクショ不可避  3ヶ月前 replyretweetfavorite