連鎖する貧困#5】探せばこんなに見つかる 給付型奨学金の活用術

2018年度の入学者から本格的に導入された日本学生支援機構の給付型奨学金。給付額は国公立大学の自宅生が月2万円で自宅外生は月3万円、私立大学の場合は自宅生が月3万円、自宅外生が月4万円となっている。

 2018年度の入学者から本格的に導入された日本学生支援機構の給付型奨学金。給付額は国公立大学の自宅生が月2万円で自宅外生は月3万円、私立大学の場合は自宅生が月3万円、自宅外生が月4万円となっている。

 給付の対象になるのは経済的に厳しい住民税非課税世帯で1学年約2万人と限られており、各高校が設ける成績基準を満たす必要がある。受給のハードルは高い。

 だがそこであきらめるのは早計だ。日本学生支援機構のほかにも、給付型奨学金や条件を満たすことで返済を免除する奨学金を設けている団体が多くある。

 その一つが地方自治体だ。奨学金を活用して、地方が抱える課題の解決に取り組む動きが数年前から広がり始めている。2012年度に創設した香川県などは先駆的存在といえる。月額2万~7・4万円を4年間無利子で貸与し、地元の企業や事業所に就職すれば一部の返済を免除する。予定していた採用枠数をはるかに超える応募があったと聞く。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません