夏野菜の焼きびたし〜ナスはじっくり焼くと油が抜けてさっぱりする!

今日ご紹介するのは『夏野菜の焼きびたし』。めんつゆでも手軽につくれますが、鰹節で出汁を引くと、香りよくすっきり仕上がります。調理を手早く終えたい夏、知っておくと便利な効率的な野菜の切り方など、料理のコツと併せてご覧ください。

夏は水分補給の意味でも野菜をたっぷりと食べたい季節。今日は夏野菜の焼きびたしを作ります。ナス、パプリカ、ズッキーニの三種類を使いましたが、カボチャやピーマンなどの他の野菜を使ってもいいですし、一種類でもかまいません。おおらかな料理です。

焼きびたしの浸し地は水8:醤油1:みりん1に鰹節を加えて煮立てるのが基本。最近の野菜は甘味が強いので、そこに少量の酢を加えるのがコツです。家庭では薄めためんつゆを使う場合も多いと思いますが、その場合でも酸味を加えるとすっきりとした仕上がりになります。

パプリカやカボチャなどの夏野菜の魅力は色。この色はカロチノイドに由来します。カロチノイドは加熱をしても色褪せないので、揚げびたしや焼きびたしにはぴったり。また、ナスの色はアントシアニンに由来します。アントシアニンは酸性で発色する性質があるので、最後に酢を加えることで色よく仕上がります。


夏野菜の焼きびたし

材料

浸し地
水…400cc
醤油…50cc
みりん…50cc
鰹節…8〜10g
米酢…大さじ1

ナス…2本
ズッキーニ…1本
パプリカ(赤、黄)…各1個
サラダ油…大さじ3
仕上げにのせる鰹節


1.浸し地をつくる。小鍋に水、醤油、みりん、鰹節を入れて中火にかける。沸騰したら弱火におとして30秒煮て、火を止める。味見をしてみりんのアルコール分が飛んだことを確認してから、ザルなどで漉す。(Tips 1 さまざまな用途に使える八方だし)最後に米酢を大さじ1加える。


2.ナスはヘタを切り、縦半分に切ってから、斜めに適当な大きさになるよう切る。ズッキーニは1.2cmの厚さの輪切りに、パプリカは1cm幅に切る。(Tips2 パプリカの効率的な切り方)


3.フライパンにサラダ油大さじ3を入れ、ズッキーニ、ナスを並べて、中火にかける。油の泡立ち音がしてきたら、弱火におとす。両面に焦げ目がつくまでじっくりと焼いたらキッチンペーパーの上に取りだす。(Tips3 じっくりと焼くことでさっぱりとした仕上がりに)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載やnoteの記事をベースに、書き下ろしレシピも加えた『新しい料理の教科書』が好評発売中です!

この連載について

初回を読む
おいしい」をつくる料理の新常識

樋口直哉

食の博識、樋口直哉さん(Travelingfoodlab.)が、味噌汁、ハンバーグ、チャーハンなどの定番メニューを、家庭でいちばんおいしく作る方法を紹介します。どういう理由でおいしくなるのか、なぜこの工程が必要なのかを徹底的に紹介し、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

feilong 1件のコメント https://t.co/QhBCtQUP9i 5ヶ月前 replyretweetfavorite

yakko_82 樋口直哉さんの 5ヶ月前 replyretweetfavorite

meshi_tore @naoya_foodlab さんのレシピ(https://t.co/Kyx3yJuGkg)をさっそく。ありもの野菜で。 油で揚げたようなとろっと感があるのにさっぱり食べられる、よく焼くと油が抜けるのね、なるほど〜 5ヶ月前 replyretweetfavorite

sugi_special https://t.co/QWJpRmg5xZ 5ヶ月前 replyretweetfavorite