連鎖する貧困#2】塾にも通える!支援に動きだした自治体

希望の高校に進学したいが、塾に通うおカネがない。そんな低所得世帯の子どもたちを救おうという取り組みが自治体に広がっている。

 希望の高校に進学したいが、塾に通うおカネがない。そんな低所得世帯の子どもたちを救おうという取り組みが自治体に広がっている。

 東京都渋谷区は2018年度からNPO法人のチャンス・フォー・チルドレン(CFC)などと組み、貧困家庭の子どもにスタディクーポンを配布する。対象は就学援助または生活保護を受給する世帯の中学3年生の希望者だ。20万円分のクーポンを渡し、事前に登録された塾の中から通うところを選んで持っていく。塾はそれを事務局に渡し換金する仕組みだ。大手進学塾や個別指導塾、通信教育まで幅広く選ぶことができる。資金はインターネット上で寄付金を募るクラウドファンディングで集めた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません