もしかしてだけど、彼が運命の人?

百鳥ユウカさんは、元カレと親友が付き合い始めたことに心を痛めていた。35歳独身・婚活中の百鳥ユウカの波乱万丈な日常を描く、婚活エッセイ小説。


渋沢の車に乗り込んでからも、池崎としおりが付き合い始めたことについて、ユウカは考えていた。

(趣味が同じだから……?)

(しおりの方が私より優しいから……?)

それでも私がしきりに思うのは、池崎が、「私のことを愛している」と言ったその唇で、他の女性にも同じ言葉をささやいたこと。

もう中高生じゃないから、永遠に一緒になんてありえない、ってことはわかっているけど。

「……ふざけんじゃないわよ」

渋沢の車の窓から、流れる景色を眺めながら、ユウカは、冷静にこの状況を考えていた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

micc1999 普通に読んでたけど突然のどぶろっくに笑っちゃった 狙ってるんだよね? 婚活エッセイ小説→ 2ヶ月前 replyretweetfavorite

ShirubaLF #スマートニュース 2ヶ月前 replyretweetfavorite