道徳の時間

高木新平 vol.1 知り合いのブログが炎上したら、どうしますか?

未来社会をサバイブする岡田斗司夫さんが、 ゲストとともに様々な事例を引用しながら、 現代の「道徳」について考えていきます。 今回のゲストは、高木新平さん。家をコミュニティメディアとして開放し、情報発信をする「トーキョーよるヒルズ」や、会社以外の自由な働き方を推進する組織「Liverty」など、時代に先んじた新しい枠組みを提示してきた高木さん。そんな高木さんの根本にある「道徳」を岡田さんがひもといていきます。

岡田 こんにちは、岡田斗司夫です。この連載では、「道徳の時間」ということで、毎月ゲストをお呼びし、対談していきます。今月のゲストは、トーキョーよるヒルズの編集長、高木新平さんです。高木先生、よろしくお願いします。

高木 先生じゃないですけど(笑)、高木新平と申します。コピーライターとか、メディアと組んでいろいろなイベントをやったりとか、「トーキョーよるヒルズ」っていう変わったシェアハウスから情報発信したりとかしています。

岡田さんと知り合ったのもそのトーキョーよるヒルズでのイベントでしたね。二人でふんわりと、「これからの時代、道徳について考えることが必要だよね」という話はしていたのですが、そのせいで今回一人目のゲストとして何の知識もないのに呼ばれてしまったという……。この対談は結論や正解を出す必要はないんですよね?

岡田 はい、ないです……って、なんでそんなにびびってるんですか(笑)。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
道徳の時間

岡田斗司夫

評価経済など新しい資本主義が加速しはじめた21世紀。 そんな新時代の「道徳」とは、一体どんなものでしょうか。 未来社会をサバイブする岡田斗司夫が、 ゲストとともに様々な事例を引用しながら、 現代の「道徳」について考えていきます。 (月...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード