体の健康よりも心の健康が大事

合わない人との接し方に悩む今回の相談者。合わない人のために、仕事を辞めることになった相談者に、幡野広志さんはなんと答えるのでしょうか。

※幡野広志さんへ相談を募集しています。専用フォーム(匿名可)からご応募ください。

幡野さん初めまして。幡野さんの心強い文章に励まされている者です。
私は、社内などで避けられない「合わない人」のことが頭の中でこびりついて離れない癖があるのですが、どのように対処すればいいのかで悩んでいます。

今の会社に8年勤めておりますが、1年前に中途で3歳年下の方が入社されました。 私は指導係となったのですが、初対面から直感で「あ…合わないな」と思いつつも指導者として業務に集中するよう心がけていました。
しかし、ちょっとした相手の言動にイライラするようになり、プライベートでの趣味で発散しようと思っても、ふいに「合わない人」言動が頭の中に現れて、嫌な思いをした事が映像化されて流れ、しまいには過去にあった全然関係のない嫌な事まで引き出されるようになりました。それが続いた結果、うつ病を患いました。
仕事は続けたかったのですが、苦しさのあまり窓から飛び降りようとしてしまい、悔しいですが今月末で退職することになりました。

そこで一番最初の相談内容に戻ります。合わない人のことで頭が埋め尽くされる癖があるのですが、それに対してどう処理をすればいいのか教えていただければ幸いです。

(琴音ミュイ 35歳 女性)

おもえば、小学生のころからぼくにも合わない人はいたのですが、「みんなと仲良くしなさい」みたいな言葉で人を嫌うことが悪いことのように感じて、20代半ばぐらいまでは合わない同級生や学校の先生や仕事関係者の方に、無理して笑顔をつくって付き合っていました。

「友達100人でっきるかな」という歌がいまでは嫌いです、できるわけないじゃないですか。キリストみたいな小学一年生でも、友達が100人できたら5~10人ぐらいはフレネミーが潜在しますよ。

フレネミーというのはフレンド(友達)とエネミー(敵)を組み合わせた造語なんですけど、表では友達のように振舞って、裏では悪口をいう人のことです。キリストだってフレネミーがいっぱいいたとおもいますよ。

「棺桶に入れてあの世で見たい映画10選」がぼくにはあります。すべて人生に影響を与えてくれた映画ですが、星1、2の低評価をつけいている人が5~10%ぐらいいます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

自分の人生を生きろ

この連載について

初回を読む
幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。

幡野広志

写真家・幡野広志さんは、2017年に多発性骨髄腫という血液のガンを発症し、医師からあと3年の余命を宣告されました。その話を書いたブログは大きな反響を呼び、たくさんの応援の声が集まりました。想定外だったのは、なぜか一緒に人生相談もたくさ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nemononegoto つい気の合わない人や苦手な人の事を悶々と考えてしまう所があったので、身にしみました。 最近はその時間を、好きな人とどう関わっていくか考える時間に切り替えました。だいぶ心が楽になった気がしています。 https://t.co/mcEUcceDq7 20日前 replyretweetfavorite

hydrangea_11 自分の気持ち大事にしようって思います。 20日前 replyretweetfavorite

miduki_neko ”少数の合わない人よりも、大多数の合う人を大切にして(…)ガハガハ笑って… https://t.co/OliHR3rEZZ 21日前 replyretweetfavorite

egu_Micch 多くの人に読んでもらいたい 文章の表現も分かりやすい ほんと左頬殴られて… https://t.co/PpOB9Z5uTl 21日前 replyretweetfavorite