テクノロジーが外食産業のルールを変える

人はなぜ、外で食事をするのか。
おいしいから、便利だから、お得だから、もてなしてほしいから──。

求めるものは人によって、店によって、あるいは日によって異なるが、それをかなえるために選ばれた飲食店は、実際に客を満足させられたかが勝負となる。

 2017年10月、本誌は外食160チェーンを対象に消費者アンケートを実施し、満足率を格付けした。その総合満足率ランキング(下表参照)では、新進気鋭のブランドや、独自のビジネスモデル、突出した強みを持つブランドが高い評価を得た。


拡大する

 ワーストランキングで名を連ねたのは総合居酒屋だった。かつての外食チェーンの代表格が、飽きられたり新規層も取り込めなかったりで、支持を失ってしまった。

 外食チェーンは栄枯盛衰が激しい産業故、今は好調なところでも、いずれ飽きられて落ち目になり得る。業界全体においても非常に厳しい環境にある。人口減少社会に突入してパイが縮小する上に、そこにコンビニエンスストアやスーパーなどの中食プレーヤーまでが食い付いてきているのだ。

 とはいえ、環境変化はマイナスなことばかりではない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド 2018年11/17号 [雑誌]

ダイヤモンド社,週刊ダイヤモンド編集部
ダイヤモンド社; 週刊版
2018-11-12

この連載について

お得×旨い×テック 外食〈新〉格付け

週刊ダイヤモンド

IT・テックで外食産業が激変している。「早い、安い、旨い」に行き詰まる外食企業にとっても、「早い、安い、旨い」を求める消費者にとっても、テックは武器になる。中でも強力な武器である携帯電話の「外食アプリ」を格付けし実力を評価。さらに店舗...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード