​「嫌い」を「好き」に変える方法

自由に意見を書くことができるのがSNSのいいところ。でも、相手を傷つける意図を持った書き込みもしばしば見かけます。そんな悪意の書き込みの中から、ある現象を見つけた林伸次さん。それは一体どのようなものなのでしょうか。

悪意を感じる意見が届く

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

僕がcakesで書いた記事に対して、Twitterで批判をもらうことがあります。納得できる意見ならいいんですが、悪意を感じることがたまにあります。

不倫を肯定するなんて、この人は最低な人間ですね。
こんなビジネス無理に決まってるだろ。こいつわかってないな。|サブスクバーってどうでしょう|cakes|ワイングラスの向こう側|林伸次

だいたいこういう感じ、で作ったものですが、この1.25倍くらい悪意のこもった表現をされることが多いです。

こういうのに対しては、一部の人は「応戦して言い返す」、一部の人は「ブロック」、ほとんどの人は「無視」していると思います。ちなみに僕も無視派なのですが、感想を見たときにこのツイートがあると嫌な気持ちになるので、そっとそのアカウントをミュートするんですね。

逆に、こんな感じで僕の記事を気に入った人のツイートもメンションで飛んできます。

なるほど、これは面白いな。やってみたいな。|田舎でカフェをやる|cakes|ワイングラスの向こう側|林伸次|@bar_bossa

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

林伸次さん、はじめての小説。

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

pyos2on 当たり障りのない人よりも、「感じ悪いなぁ」とか印象が悪かった人と後々仲良くなることが多い。 好きの反対は嫌いではなくて、無関心なんだなー ​ 「嫌い」を「好き」に変える方法|林伸次 @bar_bossa | 5ヶ月前 replyretweetfavorite

darling00000000 「嫌い」を「好き」に変える方法|林伸次 @bar_bossa | これは確かにあるかもなあ。嫌いから好きに変わるまで興味が続くかってとこもあるだろうけど。 5ヶ月前 replyretweetfavorite

ri_n_ri_n まずは知らないと感情の湧きようがないのは確か。。。「嫌い」を「好き」に変える方法|林伸次 @bar_bossa | 5ヶ月前 replyretweetfavorite

t_take_uchi 「嫌い」を「好き」に変える方法|林伸次 @bar_bossa | 5ヶ月前 replyretweetfavorite