九螺ささら「きえもの」

九螺ささら「きえもの」【マロングラッセ】

愛を訴えたいのだが、一つも言葉が出てこない。
仕方なく、俺は彼女を見上げている。
――電子雑誌「yomyom」に連載中の人気連載を出張公開!



 金色の鐘の音を砂糖漬けにしてペガサスに与え金星にゆく


 俺の理想がいた。

 会社の経理部の端っこに。化粧っけのない顔に黒髪のショートヘア、やぼったい紺のスーツだったが、それが彼女の素の美しさを際立たせている。頭の中で服を脱がす。なだらかな丘陵の頂に乳首が尖り、丘陵を下ると茂みの奥に泉が湧いている。

 彼女と目が合うのを、書類が戻ってくる間座って待つ。熱い視線が通じたのか、彼女がふっと思い出したような視線を俺の方に向ける。俺はチャンスを逃さず、その視線を掴む。目が合って戸惑うような揺らぎを見せた彼女にすかさず俺を認識させる。俺は目で彼女に言う。

 今夜俺のアパートに来てください。


 想像通りの彼女の裸体に俺は俺の舌を這わせる。俺の舌は俺の分身として硬く尖って押し込み、平たく広がって舐め上げる。我慢強い彼女が透明な声を洩らす。体が芳香を醸す。俺はそれを脳髄まで吸い込む。

 金色の実が見える。丘の上に生っている。俺の命だから、俺はそれを命懸けで採りにいく。

 何度も何度も転びながら、俺は丘の上の俺の命にたどり着く。

 金色の実を摘み取り、手のひらに載せる。この世で最も美味であることが見ただけでわかる。俺は、その実を食べるべきか否か思案する。大抵、この世で一番のものを手に入れると夢は消えると決まっている。

 しかし、俺は抗えなかった。見れば見るほど俺を誘うような、甘い塊。

 俺は唾を飲み込んでから、食べることに決めた。


 俺は赤ん坊だった。理想の彼女の。俺は、彼女の胸に抱かれている。

 愛を訴えたいのだが、一つも言葉が出てこない。

 仕方なく、俺は彼女を見上げている。



洋菓子店のモンブランの頂にある求愛している雄栗鼠(りす)の脳



この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

歌人・九螺ささら「きえもの」一挙15篇収録。あらゆるエンタメを自由に楽しむ電子の文芸誌、毎奇数月第3金曜に配信!

yom yom vol.54(2019年2月号)[雑誌]

三谷匠衡,macho,今祥枝,小林勇貴,武内涼,花房観音,武田綾乃,最果タヒ,東川篤哉,朱野帰子,寺地はるな,結城充考,乾緑郎,吉野万理子,青柳碧人,九螺ささら,門井慶喜,ふみふみこ,荻上チキ,円城塔,平原卓,橋爪駿輝,渋谷直角,カレー沢薫,恒川光太郎,柳瀬博一,新納翔,國友公司,新井久幸
新潮社
2019-01-18

この連載について

初回を読む
九螺ささら「きえもの」

九螺ささら /新潮社yom yom編集部

初の著書『神様の住所』がBunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞した歌人・九螺ささらによる、短歌と散文が響き合う不思議な読み物。電子雑誌「yomyom」に連載中の人気連載を出張公開!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません