隠れ移民大国ニッポン#3】外国人移住の先進地域 リトルブラジルは転換期〔群馬県・大泉町〕

群馬県で最も面積が狭く、人口密度がいちばん高い町。それが邑楽(おうら)郡にある大泉町だ。日本人住民は減少トレンドにある半面、外国人住民の増加が続く。

 群馬県で最も面積が狭く、人口密度がいちばん高い町。それが邑楽(おうら)郡にある大泉町だ。日本人住民は減少トレンドにある半面、外国人住民の増加が続く。

 最寄りの東武鉄道・西小泉駅で降りると、すれ違う人たちの多くが外国人になった。商店街では色鮮やかなブラジル料理店の看板が目に飛び込む。中古車販売店から大音量で聞こえてくるのはラテンポップス。町の通称「リトルブラジル」にふさわしい雰囲気だ。

 大泉町は人口に占める外国人の割合が18%と全国でも高く、在日ブラジル人の集住地域として知られる。全国で18万人を超える在日ブラジル人のうち9割近くは永住者・定住者だ。大泉町でもこの地に長く住むブラジル人は多い。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません