僕たちはもう帰りたい

数字では 割り切れないのが 家事育児

料理と洗濯、保育園の送り迎え、名づけることすらできない細かな家事育児…。働きながら、どうやって夫婦で振り分ける?乗り越える?
「利益出せ」「納期を守れ」「早よ帰れ」…ゼッタイムリ! 漫画家・さわぐちけいすけが描く、あの行き場のない気持ちの「取扱説明書」。書籍『僕たちはもう帰りたい』(ライツ社)より特別連載。


「妻でも母でもない私」になりたくて、もう帰りたい【スピンオフ】


<もう帰りたい川柳9>
数字では 割り切れないのが 家事育児

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

僕たちはもう帰りたい

さわぐちけいすけ
ライツ社
2019-03-16

この連載について

初回を読む
僕たちはもう帰りたい

さわぐちけいすけ

「利益出せ」「納期を守れ」「早よ帰れ」…ゼッタイムリ! Twitterフォロワー20万人突破の漫画家・さわぐちけいすけが描く、あの行き場のない気持ちの「取扱説明書」。なぜ無意味な残業に付き合わされる? 「板挟み」状態をどうすればいい?...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

restart20141201 どう読んでも、 「妻側のコミュ障」としか 理解できない。 稼ぐ仕事と 家を守る仕事、 分担してるじゃないか、「家事」を。 雑用が嫌でカネが欲しいなら、 女自身が家計の主体になれよ。 https://t.co/s5nOUI4IDZ 6ヶ月前 replyretweetfavorite