わかる日本書紀

息子(30歳)が…生まれて初めてしゃべった…!【第十一代③】

ややこしい日本書紀をわかりやすく紹介した『わかる日本書紀① 神々と英雄の時代』から、日本の正史を学ぶ連載。

タギマノクエハヤとノミノスクネの力比べ

七年七月七日、側近の者が天皇に申し上げました。
当麻邑(たぎまのむら)※1タギマノクエハヤ(当麻蹶速)という荒くれ者がおります。その者は力が強く、手で硬い角(つの)を割り、鈎(かぎ)を真っ直ぐにします。いつも皆に、『この世の四方に求めても我が力に並ぶ者はいないだろう。何とか強い者に会って、この命をかけてひたすら力比べをしたいものだ』と豪語しています」

天皇はこれを聞いて臣下たちに詔して、
「私は、タギマノクエハヤが天下一の力士だと聞いた。もしやこの者に並ぶ者はいないか」
と問いますと、一人の大臣が進み出て言いました。
「私が聞くところによりますと、出雲国(いずものくに)に勇者がおり、ノミノスクネ(野見宿禰)といいます。試しにこの者を召し出してタギマノクエハヤと戦わせてはいかがでしょう」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

日本のはじまりを知る一冊。

マンガ遊訳 日本を読もう わかる日本書紀1 神々と英雄の時代

村上 ナッツ,村田 右富実,つだ ゆみ
西日本出版社
2018-12-18

この連載について

初回を読む
わかる日本書紀

村田右富実 /つだゆみ /村上ナッツ

『日本書紀』は神代から第41代持統天皇の時代までを扱った日本最古の歴史書です。しかし本文は漢文、全30巻と長く読解は難しいため、正史ながら読んだことのある人はほぼいません。そこで、劇作家が書くわかりやすい文章と、親しみやすいキャラクタ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません