話がコロコロ変わる相手は、事後承諾で押し切る!

話がコロコロ変わる人は、なぜ自分で言ったことを覚えていないのでしょうか?
人気カウンセラー・五百田達成さんの話題の書籍『「言い返す」技術』をcakesで特別連載!
事を荒立てずに、困った相手をスパッと黙らせる、完ぺき&超かんたんな「言い返し方」を伝授します。

 たとえば、仕事の指示を受けているとき。

 上司が、「A社と進めろ」と言ったかと思えば、「やっぱりB社にしろ」と言い、翌日には、「そもそもこの話はナシだ」と言ってくる。

 たとえば、旅行の計画を立てているとき。

 友人のひとりが、「ハワイに行きたい」と言ったかと思えば、「やっぱりヨーロッパに行きたい」と言い、その翌日には、「結局アフリカかなあ」などと言ってくる。

話がコロコロ変わる人って、ムカつきますよね。ちょっと違うならまだしも、まったく真逆のことを言ってきたりすることもしばしば。

 こっちは一度「わかりました」と話を進めてるのに、後日、話をひっくり返されるので、「なんなんだよ、いったい!」とストレスが溜まります。

 なので、きちんと議事録やメモを残しておいて「こう言いましたよね」「いい? 進めるよ」と突きつけるわけですが、相手は知らん顔。

「え? 言ったっけ?」「まあいいや、とりあえずこっちで進めてよ」と、この先もまだまだ変わりそうな気配。いつまでたっても話が進みません。困ってしまいます。

 ですが、このように相手の言ったことを証拠として残すのは、ハッキリ言ってムダです。というか、むしろ逆効果。これこそが、話がコロコロ変わる原因になっているのです。

 よかれと思ってしたことが、まったくの裏目に。

 いったいなぜ? どうするのが正解なのでしょうか?

◆なぜ自分で言ったことを覚えていないのか?

話がコロコロ変わる人は、自分で言ったことを覚えてません。その場の思いつきで話します。感覚でしゃべります。

 で、その内容を覚えない、積み重ねない。いわば、自分だけの世界で、独り言を言っている状態です。

 だから、次々に話が変わっていき、周りはついていけない、というわけ。

 こういう人に限って「自分の中では筋が通っている」「話してるうちにまとまってきた」などと言いがちです。

 ですが、そもそもそんな話し方で、やっていけるのでしょうか? なぜ、それでオトナがつとまるのでしょうか?

 それは、あなたのような、まじめで丁寧な人がそばにいるからです。

 思いつきで話してもメモしてもらえる。感覚でしゃべっても議事録にまとめておいてくれる。だから覚えておく必要がない。必要だったら、あなたに確かめればいい。

 だから、どんどん記憶力がなくなっていくし、覚えようという気持ちも失われていく。

 どうでしょう? まさに悪循環ですよね?

 では、この悪い流れを断ち切るにはどうすればいいのでしょうか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

事を荒立てずに困った相手を黙らせるには? ”今日から使える”超かんたん会話術!

「言い返す」技術

五百田達成
徳間書店
2019-05-25

この連載について

初回を読む
言い返す」技術

五百田達成

突然キレてくる人。怖いパワハラ。気持ち悪いセクハラ。顔を合わせれば悪口&陰口。 ――あなたのまわりにもいますよね、そんな困った人たち。 事を荒立てたくはないけど、言われっぱなしもイヤ。あっちに「すみません」と反省させ、こっちもスカッ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません