パワハラしてくる相手には、「さらに上の権力」をちらつかせる!

パワハラ、怖いですよね。泣き寝入りするしかないのでしょうか? でも彼らには意外な弱みがあるんです。
人気カウンセラー・五百田達成さんの話題の書籍『「言い返す」技術』をcakesで特別連載!
事を荒立てずに、困った相手をスパッと黙らせる、完ぺき&超かんたんな「言い返し方」を伝授します。

「すぐ動けよ、一番下なんだから」──

「もっと飲めよ。飲めないやつが営業なんてできるか」──

「週末、ゴルフだから、空けておけよ。予定? 知るかそんなもの」──


 パワハラ、怖いですよね。

 上司や先輩、立場が上の人から言われると、それだけで身がすくむ。怖い。地獄の毎日です。

 しかもたちの悪いことに、パワハラなのか、業務の指示なのか、はたまたいじめなのかも区別がつきにくい。だから、言い返すのも至難の業となります。

 たいていは、「はい……」と渋々ながら従ってしまうことに。もし仮に言い返せたとしても、「でも……」とか「それって僕の仕事ですか?」とか、精一杯の抵抗を試みるだけになります。

 ですがそれだと、相手は「いいからやれよ」と怒り出したり、「うるせえ。もっと飲め」と、むしろ高圧的な態度に拍車がかかったりします。なかには「そんなことでうちの部署にいられると思ってるのか?」と脅迫してくる人も。

 なぜ、あなたはうまく抵抗できないのでしょう?

 結局、パワハラには泣き寝入りするしかないのでしょうか?

◆日本はパワハラ天国?

 パワハラをする人たちは、「上は下に厳しくしていい」と思っています。

 会社なんだから、上下関係なんだから、これぐらいは当たり前。これぐらいは普通の指導。仲良しごっこじゃないんだから、優しくばっかりなんてしてられない。しかも、上の立場である自分にはそうする権利がある、義務がある、と信じています。

 根っこにあるのは日本独特の上下意識です。

「長幼の序」を説く儒教にしろ、「先輩・後輩」を重んじる体育会文化にしろ、この国ではもともと、タテ社会の意識がとても強い。だから、彼らは、普段のふるまいを「これぐらい当然」と思うわけです。

 となると、相手はパワハラをしてくる個人ではなく、「日本の文化」なのですから、こちらとしてはだいぶ分が悪い。

 言い返しても「世の中ってのはそういうものだ」と相手にされず、ムダな抵抗に終わってしまうわけです。

 これは深刻です。なにか打開策はないものでしょうか?

「会社を辞める」といった飛び道具を使わず、上手に言い返すワザはないのでしょうか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

事を荒立てずに困った相手を黙らせるには? ”今日から使える”超かんたん会話術!

「言い返す」技術

五百田達成
徳間書店
2019-05-25

この連載について

初回を読む
言い返す」技術

五百田達成

突然キレてくる人。怖いパワハラ。気持ち悪いセクハラ。顔を合わせれば悪口&陰口。 ――あなたのまわりにもいますよね、そんな困った人たち。 事を荒立てたくはないけど、言われっぱなしもイヤ。あっちに「すみません」と反省させ、こっちもスカッ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nyaaaa_tigre こういう事をしないといけないのホント生きづらい社会 石頭の上層部は早く天に召されてくれ https://t.co/534Y6BtZFs 2ヶ月前 replyretweetfavorite

futomomo_simeji 社長がパワハラしてくる場合、どうしたら…。 2ヶ月前 replyretweetfavorite

sakusaku456 これをすべてのサラリーマンに知ってもらいたい。すぐにでも使ってもらいたい > #スマートニュース 2ヶ月前 replyretweetfavorite

yoshi007_pr 社長が変わるたびに、パワハラしてきた上司の話を社長に伝えている。 https://t.co/XkYf5HKqEB 3ヶ月前 replyretweetfavorite