HSC子育てアドバイス(5)悲しみやショックを引きずりやすい場合

「すぐにびっくりする」「うるさい場所を嫌がる」…。5人に1人といわれる敏感気質(HSP/HSC)のさまざまな特徴や傾向を解説。HSCの子を育てる親向けに、「敏感である」を才能として活かす方法を紹介します。『子どもの敏感さに困ったら読む本』をcakesで特別連載!(毎週木曜更新)

負の感情を、思いっきり吐き出させてあげてください

 敏感な子たちの場合、突然の喪失など深い悲しみを味わうと、自分のせいだと思い込んだり、こうしておけばよかったと悔やんだりして、長く後を引いてしまうことがあります。 たとえば、身近な人の死に遭遇した、飼っていたペットが死んでしまった、あるいは幼稚 園や学校でいじめに遭ったというケースでもあります。
 普通の子はそのときに感情を出すので、何日かでケロッとしますが、敏感な子はそのと きに固まってしまい感情を出さないので、神経が一回ショック反応(固まる)を示し、そ れが解けないまま激しく落ち込んで、引きずってしまうのです。
 こういうときは、落ち込んで自分を責めている子どもに、指示や命令や禁止(ダメ出 し)や説教をするなど、ナイーブな心を刺すようなことを言うのはやめましょう。大人に ははかり知れない子どもの心に同調して、「そうか、そうなんだ」「そう思うんだ」とまずは心を100パーセント受け止めてあげると、固まった心がほどけて中にある怒り、悲しみ、後悔の気持ちが出やすくなります。まずは、安心と安全感の確保が大切です。
 怖いことやショックなことに遭ったときに、人が取る対応はそうたくさんありません。 戦うか、逃げるか、すくんで凍りつくか、場合によっては作り笑いもするかもしれません。 いじめに遭ったとき、「なんだよ」と抵抗して戦えるようなら大丈夫です。泣いて逃げ出 せる子も、トラウマになりません。しかし、何の反応もできずフリーズしてしまう子や笑 ってごまかす子は、トラウマになりやすいのです。
 ナイーブで過敏に反応する子でこういう相談を受けた場合、私は「ショックが癒えて、 気持ちが落ち着くまで待ちましょう、無理して学校に行かせようとしなくてもいいです よ」と言います。これは「心が弱い」と非難するような問題ではないのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

子どもの敏感気質(HSC)の入門書。好評発売中!

この連載について

初回を読む
子どもの敏感さに困ったら

長沼 睦雄

「すぐにびっくりする」「うるさい場所を嫌がる」…。5人に1人といわれる敏感気質(HSP/HSC)のさまざまな特徴や傾向を解説。HSCを育てる親に向けて、「敏感である」を才能として活かす方法を紹介します。『子どもの敏感さに困ったら読む本...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

chiiiiico0315 まずは、安心と安全感の確保が大切なんですね。 子どもの敏感さに困ったら https://t.co/DIunS3RZGQ 3ヶ月前 replyretweetfavorite