好き嫌いの激しい人」「自信を持てない人」「心配性の人」の長所

自衛隊初の現場の臨床心理士として、トップの利用率と9割の復職成功率を誇り、これまで3万人以上の心を解放してきた玉川真里氏が、落ち込みから立ち直るメソッドをわかりやすく紹介します。『イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ』をcakesで特別連載!(毎週火曜更新)

「好き嫌いの激しい人」の長所

 好き嫌いがはっきりしている人は、決断力がある人です。
 日本人の多くは、集団の中でほどほどの位置を維持したがります。ですからなかなか物事が決まりません。自分が責任を負いたくないし、嫌われたくないという思いがありますから。
 そういうときに好き嫌いがはっきりしている人がいたら、良くも悪くも物事がトントンと早く進みます。そういう意味で、みんなを引っ張っていく力があるといえます。
 人への好き嫌いは他者思考では? と思う人もいるかもしれませんが、自分が「あの人が好き、あの人は嫌い」と選んでいるわけなので、これは自分思考です。
「その人にどう思われているだろうか」「また嫌なことをされるんじゃないかな」と思ってしまうのが他者思考です。
 自分思考なら対人関係で悩むことはありません。
「私はこの人が好き」とわかっていれば、そういう人とは距離を縮めてもっとつきあえばいいし、嫌いだったら距離を開ければいいという、ただそれだけです。
「好き」がなくて「全部嫌い」だったりすると困りますが、そうでないなら、無理に直す必要はありません。感じることと行動を工夫することは別なので、心地よい距離を作ればいいのです。

「自信を持てない人」の長所

 自信を持てない人の長所は、日本人らしい配慮ができるということでしょう。謙虚で、内省力があるということです。
 何かあったとき、自分の中に原因を求めるとつらくなりやすいのはたしかですが、それは環境のせいや他人のせいにしないということなので、非常に自分思考が高い人だと思います。
 ですから、内省力が高い人は成長できる可能性が高いのです。ぜひ、自分磨きをしてください。そのプロセスでいろいろな本を読んだり、いろいろな人の話を聞いたりして、その中で自分のできることを見つけてください。
 逆に自信満々で、できないことは人のせいにするようなタイプのほうが問題です。「自分はできているけど、あの人が悪いからうまくいかないんだ」と思っている人は、ちっとも成長しません。
 同じ自信満々でも、フィギュアスケートの羽生結弦選手みたいに、理想が高く、自分の能力ととことん向き合う人ならいいのです。
 人のせいにしないで、自分のできることに集中する人が成長していけるのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

3万人の自衛隊員の心を救った「行列のできる臨床心理士」が教える、自分思考メソッド。

この連載について

初回を読む
イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ

玉川真里

自衛隊初の現場の臨床心理士として、トップの利用率と9割の復職成功率を誇り、これまで3万人以上の心を解放してきた玉川真里氏が、落ち込みから立ち直るメソッドをわかりやすく紹介します。『イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ』をcak...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません