悪天候での登山中止に大ブーイング!?

山の荒天は凄まじい。そして雨の登山は危険が増します。しかし、お客さんのなかには山小屋スタッフや登山ガイドの忠告を聞いてくれない方も…。10年間、山小屋で働いていた吉玉サキさんが、悪天時の山小屋スタッフの思いを語ります。書籍『山小屋ガールの癒されない日々』書き下ろし記事の特別公開です。

お出かけを予定した日に天気が悪いと、本当にがっかりする。お花見とか、雨天中止になるような屋外の予定だとやりきれない。

登山の予定もそう。私はワンシーズンに数回の休暇が台風と重なり、プライベート登山の予定が流れたことがある。

残念だけど、荒天の山は危険だ。

無理をして事故に遭いたくないし、何より「無理しても楽しくないよなぁ」と思う。


台風や落雷。山の荒天はものすごい威力

山の荒天は凄まじい。

台風が来た日には、山小屋が壊れるんじゃないかと思うほどガタガタ揺れる。大型の台風が通過した夜は、「オズの魔法使い」のように山小屋ごと飛ばされる夢を見た。

暴風雨による倒木で、登山口から下の道路が封鎖されたこともある。山全体が陸の孤島になり、「金田一少年なら誰か殺されてるやつだ」と縁起でもないことを考えた。雨が上がってもしばらく封鎖は続き、報道ヘリで上空から撮影され「孤立集落」として報道されたらしい(集落ではないが)。

台風も凄まじいけど、もっと怖いのは雷。

山は、歩いている場所によっては避雷針となるものがまったくない場合もある。そんなときに雷雲の下に入ってしまったら……雷が自分に落ちる可能性は高い。

私は山に登るまで、「雷が自分に落ちるかも」という心配をしたことがなかった。

だけど、田舎育ちのスタッフに「それは都会の人間の慢心だ」と指摘された。彼女は「田んぼしかない土地で育った人間は、子どもの頃から雷が自分に落ちるかもしれない恐怖と隣り合わせなんだよ」と力説していた。たしかに、札幌育ちの私にはない発想だ。

雷が鳴る日、髪がライオンのたてがみのように逆立ったお客様が入ってきたことがある。年配の女性だった。落雷しなくても、雷雲の下を歩けば帯電するのだ。かなり怖いことなのだけど、お客様が平然としていたのでちょっと笑いそうになった。


大雨での中止に大ブーイングのツアー客

雨の登山は危険が増す。岩が滑るから転倒しやすいし、低体温症や落雷などのリスクもある。場所によっては、沢が増水して流される危険があるところも。

山にいるときの私は、天気を知りたいときには空を見ていた。

こっちに向かって進む雨雲を見ては、「あと30分くらいでこっちも雨かな?」などと思う。もちろん完璧に予測できるわけではないし、ネットで雨雲レーダーも見るけど、雲を見るのが癖になっていた。

山小屋をやめた今は、天気を知りたいときはスマホを見る。空を見ることも少なくなった。だから気持ちはわかるのだけど、お客様は空を見ない人が多い。雷雲が近づいてきていても、気づかずに出発する人がたくさんいる。

あまりにも危険そうなときは、スタッフが「今出発すると危ないですよ」とお伝えする。だけど、山小屋はあくまでも宿泊施設でしかないので、登山者の行動を制限する権利はない。お客様が忠告を無視して出発してしまえば、どうにもできない。

以前、ある山小屋に宿泊していた登山者が雨の中を下山中、増水した沢に流されて亡くなってしまったそうだ。

噂で聞いたのだけど、その山小屋の人は「Aルートは増水してて危険なので、下山するなら必ずBルートにしてください」と忠告していたそうだ。けれど、その登山者が選んだのは増水しているAルートだった。

亡くなった方やご遺族の方の痛みに比べたらたいしたことはないけど、自分が接客した方が亡くなった山小屋スタッフも、きっと無念だったろうなと思う。私だったら、自分に落ち度がなくても、自分を責めてしまうかもしれない。


「荒天のときに忠告を聞いてもらえない問題」は、多くの山小屋が抱える悩みだが、もっとシビアにこの問題と向き合っている人たちもいる。

ガイドさんだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
小屋ガール通信

吉玉サキ

第2回cakesクリエイターコンテスト受賞作! 新卒で入った会社を数ヶ月で辞めてニート状態になり、自分のことを「社会不適合者」と思っていた23歳の女性が向かった新天地は山小屋のアルバイト。それまで一度も本格的な登山をしたことのなかった...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tokizo 「金田一少年なら誰か殺されてるやつだ」(笑) 経験積むほど臆病になる人と、自信過剰になる人と。明暗別れるよね。 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

iamadog_okp “必死でツアー客をなだめるガイドさんを見て、「どんなルートの登山より、こっちのほうがよっぽど大変そうだな」と” / 1件のコメント https://t.co/WTxbqpUnvU 約2ヶ月前 replyretweetfavorite