LIFE SHIFT リカレント編#2】広がる社会人の学び直し

地方でも都心でも、社会人が手探りで学び直しを始めている。学び方は十人十色だ。社会人の学び直しは子ども時代の義務教育と異なり、学びの内容や手法が多岐にわたる。実際にどんな学び直しが行われているのか、現場をリポートする。

 地方でも都心でも、社会人が手探りで学び直しを始めている。学び方は十人十色だ。社会人の学び直しは子ども時代の義務教育と異なり、学びの内容や手法が多岐にわたる。実際にどんな学び直しが行われているのか、現場をリポートする。

 2018年1月下旬の週末。山形県赤湯駅から車に10分ほど乗ると、雪景色の中に小学校が現れた。中から聞こえるのは小学生ではなく、中高年の男女の笑い声。校舎の一室で、講師の声に熱心に耳を傾ける。

 ここは「熱中小学校」。起業家などが講師役の「大人の社会塾」だ。

 当日の講師の一人は立花貴氏。元商社マンで、東日本大震災の被災地である宮城県石巻市雄勝町(おがつ)に廃校を利用した「MORIUMI US(モリウミ アス)」という子どもの複合体験施設を立ち上げるなど、その復興支援活動が注目を浴びている。

 参加者から「施設ではどんなイベントを催すのか」と質問が飛ぶと、「ランチ会などいろんなイベントをしている。そのための部屋も開放している。小さいイベントを複数立ち上げると、そこから大きなうねりが生じる」などと、実体験を交えながら答えていた。

7歳の頃の目線で世の中を眺める
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません