LIFE SHIFT リカレント編#3】INTERVIEW①定年後に資格取得 内多勝康さん

NHKのアナウンサーとして、「生活ほっとモーニング」などのキャスターを務めた内多勝康さん。今は、在宅で医療的ケアが必要な子どもの短期入所施設「もみじの家」のハウスマネージャーとして働く。〝朝の顔〟が50代で転身したきっかけには、ある学び直しがあった。

 NHKのアナウンサーとして、「生活ほっとモーニング」などのキャスターを務めた内多勝康さん。今は、在宅で医療的ケアが必要な子どもの短期入所施設「もみじの家」のハウスマネージャーとして働く。〝朝の顔〟が50代で転身したきっかけには、ある学び直しがあった。

 53歳を目前に控えた2016年春、30年間勤めたNHKを早期退職し、福祉施設の職員として働き始めました。もともと安定志向なのに、われながら思い切ったなと思います。今の主な仕事は、予算など事業計画の策定と、メディア対応や講演会といった広報活動です。

 福祉の世界との出会いは、新人アナウンサー時代に高松でボランティア協会主催のお祭りの司会を務めたことでした。そこで初めて、障害を持つ方々と濃厚に接したのです。それ以来、制度の不十分さに対する考えや生きづらさといった本音を協会の方々から伺い、福祉に関する番組企画を次々と提案していくようになりました。

 東京転勤後に、ある番組で自閉症を持ちながら公務員として働く男性を取材しました。老人ホームの風呂をピカピカに掃除し、タオルをきれいに畳み、職場にもなじんでいる姿を見て、「働く環境を整えれば『この人は障害が重いから』と、さまざまな選択肢をあきらめずに済むのだ」と気づきました。福祉の世界でやっていこうと考えるようになったのはこの頃です。

専門性高い福祉の現場 40代後半で学び直しへ

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません