隠れ移民大国ニッポン#10】INTERVIEW② 激論 日本は移民にどう向き合うべきか

日本が移民を解禁する必要はない。人手不足だから、外国人を受け入れなければ経済成長できない、というのが移民解禁を主張する人の論点。だがこれまで日本経済の成長を支えてきた、近代資本主義の条件はもう崩れている。つまり、経済成長そのものがもう無理なのだ。

【慎重】「移民解禁で成長」は変化を無視した妄想だ

 日本が移民を解禁する必要はない。人手不足だから、外国人を受け入れなければ経済成長できない、というのが移民解禁を主張する人の論点。だがこれまで日本経済の成長を支えてきた、近代資本主義の条件はもう崩れている。つまり、経済成長そのものがもう無理なのだ。

 近代資本主義は経済的に未開拓の地へと広がっていくことで、経済成長を実現させた。自由貿易を活?化させるために、労働者が短期間で職業を替えることも容易だった。たとえば16世紀の英国は毛織物の輸出に力を入れたほうが得となったときに、ワインはポルトガルからの輸入に委ねた。自国のワイン工場の労働者が毛織物工場に移ることはそんなに難しくなかった。それは産業が高度化していなかったからだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません