隠れ移民大国ニッポン#9】INTERVIEW① 激論 日本は移民にどう向き合うべきか

日本でも移民受け入れの是非を問う議論はもはや避けられない時代だ。東洋大学教授 竹中平蔵氏、法政大学教授 水野和夫氏、2人の有識者に論じてもらった。

 日本でも移民受け入れの是非を問う議論はもはや避けられない時代だ。東洋大学教授 竹中平蔵氏、法政大学教授 水野和夫氏、2人の有識者に論じてもらった。
(聞き手/本誌・緒方欽一)

【容認】人口減れば国民も困る 外国人の労働力が必要だ

 日本において、移民の受け入れは「必然」と考えるべき。私たちの社会は今、ものすごい勢いで人口が減っている。「人口減少は本当に悪いことか」と疑問を呈する方もいるが、現実に社会が人手不足で困っている。

 このまま人口が減り続けると、コンビニの24時間営業が維持できない、宅配便のサービスが制限されるなど、私たちの生活がどんどん不便になっていく。国内のいろいろな産業が成り立たなくなる。社会や経済を支える労働資源を確保する手段として、海外からの移民の受け入れが必要だ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません