隠れ移民大国ニッポン#5】INTERVIEW セブン銀行・二子石謙輔社長 外国人向けサービス開始

在日外国人の間では、稼いだおカネを母国の家族に送りたいという需要がある。だが一般的な海外送金サービスは、外国人にとっては必ずしも利用しやすいものではなかった。銀行窓口の受付時間は往々にして、彼らが働く時間帯だ。書類上の難しい日本語を読んで、日本語で記入するのは一苦労。手数料も安くない。この不便さから、違法な地下銀行で送金する外国人も多いという。

 在日外国人の間では、稼いだおカネを母国の家族に送りたいという需要がある。だが一般的な海外送金サービスは、外国人にとっては必ずしも利用しやすいものではなかった。銀行窓口の受付時間は往々にして、彼らが働く時間帯だ。書類上の難しい日本語を読んで、日本語で記入するのは一苦労。手数料も安くない。この不便さから、違法な地下銀行で送金する外国人も多いという。

 この課題に率先して挑んでいるのがセブン銀行。スマートフォンアプリと多言語対応のコールセンターを使って、外国人にも預金口座の開設と海外送金を行いやすくした。定期的な監視でマネーロンダリングのリスクに備えながら、急増する外国人の需要に応えている。二子石謙輔社長に、取り組みの狙いを聞いた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません