隠れ移民大国ニッポン#4】日本語学校が入り口に ネパールから留学生殺到〔福岡市〕

福岡市内で暮らすコイララ・サザンさん(25)は2016年にネパールから来日し、同市博多区の「いろは日本語学校」に通っている。故郷のカトマンズで暮らす両親は農業や魚の養殖、ヤギの飼育などで生計を立てながら、日本への留学費を工面してくれた。生活費までは頼れないため、週4日、深夜12時から朝5時まで弁当工場でアルバイトをしながら学校に通う毎日だ。

 福岡市内で暮らすコイララ・サザンさん(25)は2016年にネパールから来日し、同市博多区の「いろは日本語学校」に通っている。故郷のカトマンズで暮らす両親は農業や魚の養殖、ヤギの飼育などで生計を立てながら、日本への留学費を工面してくれた。生活費までは頼れないため、週4日、深夜12時から朝5時まで弁当工場でアルバイトをしながら学校に通う毎日だ。

 サザンさんの夢は、日本で自動車の整備士になること。4月からは熊本市にある九州工科自動車専門学校の国際自動車科に進学し、整備関連の専門技術を学ぶ。「整備士の資格を取って日本で働きたい。そしていつかネパールに戻って、自分で整備学校を作れたらうれしいです」と笑顔で話す。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません