限定的な世界遺産効果【長崎市/長崎県】

2018年6月30日、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」がユネスコの世界文化遺産に登録された。

 長崎市では、2世紀半にもわたるキリスト禁教が解かれた開国後の1864年に建立され、「隠れキリシタン」の聖地となった大浦天主堂(写真)など、三つの教会が世界遺産に指定されている。大浦天主堂は日本最古のゴシック様式の建築物であり、現存する日本最古の教会堂。白亜の外観に、アーチ状の高い天井、幻想的なステンドグラスが美しい。

 だがその長崎市は今回の調査では、登録直後にもかかわらず世界遺産・日本遺産のイメージで13位と、意外に伸びなかった印象だ。世界遺産に登録された自治体はランキングが急上昇するのが一般的だが、今回の世界遺産登録は“驚き”が少なかったのではないか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
地域ブランド調査2018 魅力ある街のヒミツ

週刊ダイヤモンド

10月15日、ブランド総合研究所による第13回「地域ブランド調査2018」が発表された。47都道府県および1000市区町村を調査対象とし、全国3万人が各地域のブランド力を評価する日本最大規模の消費者調査。魅力度上昇幅1位の伊勢市の取材...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード