住みたい街にある格差【横浜市/神奈川県】

住みたい市を表す居住意欲度1位は、関東・関西の港町対決で2位の神戸市を制した横浜市だ。

 「みなとみらい(写真)の都会的なビル群、山下公園と赤レンガ倉庫、異国情緒漂う元町や中華街の街並み、中区山手の西洋館などの歴史的建造物、全てがおしゃれで、魅力に溢れている。日本全国、老若男女、全ての層の人から票を集めており、横浜ブランドは盤石」と田中氏は言う。こうした“インスタ映え”する観光名所に溢れながらも住宅地は閑静で、暮らしやすいのが人気のポイントだろう。

 また横浜には人気の高い名門中学・高校がたくさんあり、教育・子育てのイメージもいい。男子校では聖光学院、浅野、慶應義塾、女子校ではフェリス女学院、横浜共立学園、横浜雙葉と、超人気校が集中しているのだ。さらに、山手のカトリック幼稚園やインターナショナルスクールが、“憧れ”を増幅させるのだろう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
地域ブランド調査2018 魅力ある街のヒミツ

週刊ダイヤモンド

10月15日、ブランド総合研究所による第13回「地域ブランド調査2018」が発表された。47都道府県および1000市区町村を調査対象とし、全国3万人が各地域のブランド力を評価する日本最大規模の消費者調査。魅力度上昇幅1位の伊勢市の取材...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード