理解不能なこと〉夫は、意識的に「武勇伝」を言う 妻は、無意識に「服がない」と言う

夫婦問題カウンセラー・高草木陽光先生の最新作『心が折れそうな夫のためのモラハラ妻解決BOOK 4タイプでわかる』の刊行を記念し、ロングセラーとなった前著『なぜ夫は何もしないのか なぜ妻は理由もなく怒るのか』から、夫婦関係改善に役立つ具体的な10のアドバイスを特別公開!第3回は夫婦間あるある、「理解不能なこと」の対処法です。

ほとんどの男性は「尊敬されたい」と思っています。女性や子どもから「スゴイ!」と思ってもらいたいのです。どれだけスゴイのかを知ってもらう手段として、男性は「武勇伝」を語りたがる傾向があります。しかし、男性が堂々と語る武勇伝は、女性にとって理解不能なことが多く、ときには耐えがたい苦痛に悩まされることもあるのです。

夫が武勇伝を語るときは自信がほしいとき

結婚式を半年後に控えた有紗さん(28歳)から、婚約者の肇さん(30歳)との結婚に迷っているとの電話があったのはいまから3年前。交際期間1年半を経て、このたび結婚が決まったとのことで、本来であれば結婚式や将来のワクワクした話題でもちきりのはずですが……、どうも様子が変。

話によると、ここ最近、彼の「昔の栄光話」や「自慢話」が増え、それが鼻についてしかたがないというのです。

「結婚して一緒に生活するようになったら、毎日彼の自慢話を聞かなきゃならないと思うと、だんだん気分が落ちこんできて結婚に前向きになれなくなってしまって……」

結婚前に陥りがちな〝マリッジブルー〟であることは間違いなさそうですが、それにしても、彼の武勇伝がキッカケで結婚が破談になってしまっては、あまりにも切なすぎるではないですか。

有紗さんの彼にかぎらず、男性は往々にして武勇伝を語りたがります。たとえば、いままで付き合った女性の人数や、モデルと付き合ったことがあるとかいう「恋愛武勇伝」、昔はグレていてケンカばかりしていたという「どんだけワルだったか武勇伝」、学生時代は模試で全国10位以内に入ったことがあるという「成績優秀武勇伝」、芸能人の誰々と友達、政治家の誰々と同級生という「有名人と友達武勇伝」など。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

夫婦関係の相談の40%が夫からの時代に。 理由がわかればうまくいく!

この連載について

初回を読む
なぜ夫は何もしないのか なぜ妻は理由もなく怒るのか

高草木陽光

夫婦問題カウンセリング8000件の実績をもち、「あさイチ」「バイキング」などメディア出演多数の夫婦問題カウンセラー・高草木陽光先生。最新作『心が折れそうな夫のためのモラハラ妻解決BOOK 4タイプでわかる』の刊行を記念し、ロングセラー...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tomshirai |高草木陽光 @haru_takakusagi https://t.co/DIdTeJ5JVD 「着ていく服がない」は確かに言う。男性には理解不能なのか。 4ヶ月前 replyretweetfavorite