フェル先生のさわやか人生相談

風俗通いの夫の目を覚ましたい【337回】

すっきりしない天気が続きますね。今回フェル先生がお答えするのは、夫の風俗通いをやめさせたいという女性からの相談です。まだ結婚して半年ほど。結婚式の2週間前に風俗通いが発覚したときは、マンションから飛び降りたい気持ちになったと言います。悩む彼女に、フェル先生は「男側の意見」について語ります。

※「フェル先生のさわやか人生相談」では、フェル先生に相談したい質問を募集しています。辛辣な回答も受け入れられる勇気のある方、フェル先生に叱咤激励されたい方は、専用フォーム(匿名可)からご応募ください。

このままでは、まともな夫婦関係を築けません。

フェル先生はじめまして。日常で心が荒れたときに、いつも拝読しております。知的でユーモアのあるアドヴァイスに励まされています。困っているのは、主人の風俗発覚です。

私は、今年の元旦に一回り年上の主人と結婚しました。医療関係の仕事をしている中で、当直と偽ったり、また当直をぬけだしたりして(!)遊んでいたようです。さらに許せないのは、遊ぶ直前や遊んだ次の日の朝、わざわざ主人から私に、安心させたり喜ばせるようなことをLINEで送ってきていたことです。

このことに気づいたのは、結婚式の2週間ほど前で、もうあまりのことに、住んでいるマンションから飛び降りたい気持ちになりました。半年ほどでプロポーズ、マンネリとも違います(どうやら嗜好がギャル好きのよう 泣)。今まで適度に詮索をせず、信じきっていたのが、裏目に出ました。

今は、主人の了承の上GPSをお互いにつけ、大人のおもちゃ屋に二人で行って色々購入もし、泌尿器科のカウンセリングも予約済みですが(刺激が強いのに慣れたせいか、最後までいたらないため)、どうやらまだ懲りておらず、時々お店に電話をかけているようです。

風俗は割りきった関係といえば、それまでなのですが、私の感覚では、このままではおよそまともな夫婦として進んでいける自信がありません。他は、お料理上手・お掃除好き・よく笑う・アクティブな所など、好きなところもたくさんあるのですが……。

なんとかして、目を覚ましてもらうには、どうしたらよいでしょう。

(26歳、女性、芸術関係、たぴまる)

A.今回は結婚半年にして、早くもご主人との暮らしに絶望してしまい、自宅マンションから飛び降りたい衝動に駆られるという26歳の若奥様からのご相談です。いや新婚早々大変なことになりましたね。なんでもご主人の風俗通い(ギャル系嗜好)が原因だそうですが、自殺をなさるにしても飛び降りだけはやめたほうが良い。お部屋の階数にもよりますが。何しろ死体がグシャグシャになりますからね。本当に悲惨です。「飛び降りた瞬間に気絶するから怖くない」なんて話もありますが、あれは完全にデタラメです。首吊りは糞小便垂れ流しで顔がパンパンになりますから「美しい死」などは到底望めませんし、服毒は胸を掻きむしるほどメチャ苦しい。検死の経験が豊富な友人のドクターによりますと、最も安楽な自殺方法は……と。これを読者の方に実行されたりしたら困りますから、ここで公開するのは控えておきましょう。「シンプル・イズ・ベスト」な方法ですが。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
フェル先生のさわやか人生相談

フェルディナント・ヤマグチ

恋愛投資家フェルディナント・ヤマグチが、あなたの恋と仕事の悩みにお答えするQ&A連載。第1回から飛ばしています。回答を読んで、彼氏と別れたくなった方、人生の岐路で悩んでいる方、フェルディナント先生にしかられたい方、質問どしどしお待ちし...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kiricomochi おもろい #スマートニュース 26日前 replyretweetfavorite