ザルコの来た道、夜の海

「ポルトガル食堂」の連載でもお馴染みの馬田草織さんの最新刊『ムイト・ボン!ポルトガルを食べる旅』の特別公開。今回は、大西洋に浮かぶマデイラ島へ。飛行機が悪天候で別の島へ? 果たして目的の島に無事たどり着けるのでしょうか?

5章 マデイラ島

フンシャル

ザルコの来た道

 大西洋に浮かぶマデイラ諸島(マデイラ島、ポルト・サント島、デゼルタス諸島などからなる火山群島)は、地図で見るとポルトガル本土よりむしろアフリカ大陸に近い。北アフリカ海岸から約600キロ沖合の亜熱帯性気候の地域にあり、リスボンからは南西約1000キロ。ここは15世紀初頭まで無人島だった。

 年中温暖で自然豊かなマデイラ島は、今はヨーロッパ屈指の人気リゾート地だ。祭りが多く、特に5月のフェスタ・ダ・フロール(花祭り)は有名で、島は花と人で溢れるという。また、ポルトガルが誇るサッカー選手、クリスチアーノ・ロナウドの故郷でもあり、2017年から空港の正式名は、クリスチアーノ・ロナウド・マデイラ国際空港になっている。

 11月の始め、寒いリスボンを発って1時間半、そろそろ着陸の機内アナウンスがある頃だ。荷物を片付け、さて上着はしまうか着るかどうしよう。

「みなさま、これから当機はポルト・サント空港に着陸いたします」

 ん? どこだそれは。これ、マデイラ行きでしょ?

「マデイラ空港は現在天候不良のため、隣のポルト・サント島へ緊急着陸いたします」

 さっきまで、クロアチアから遊びに来たと楽し気に話していた濃い顔の隣の男性が、おいマジかよ、ポルト・サント島ってどこだよ、と眉間にしわを寄せ、顔の陰影をさらに深めてぼやいている。着陸後も、機内はざわめきが収まらない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ムイト・ボン!ポルトガルを食べる旅

馬田草織

人生を変えてしまうような味に会いたい! ポルトガルの食をまるごと味わうコラム満載。家庭のキッチンから街角のレストランやカフェまで、縦横無尽に訪ね歩いた、めくるめく食旅エッセイ!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

bako いいなあ。こんな事件に遭遇したら、私も迷わず船旅、面白い方をえらぶ。 5ヶ月前 replyretweetfavorite

aiueochang イカの悪魔風 美味しそう〜 食道楽の旅したくなってきた☺️ 5ヶ月前 replyretweetfavorite