俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

歌舞伎町でツマむなら……ガールズ寿司屋の実力は?

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさい——。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!

 日本一の繁華街、歌舞伎町をほろ酔いで彷徨うと、小腹が空いてきた。なにか腹に入れて帰ろうかと思っていると、最近ホストが始めたという寿司屋が目に留まった。

「話のネタに」と入ろうと思ったがアゲアゲな雰囲気に気後れし、しっぽを巻いた。マグロ王が両手を広げた店を覗くと、インバウンドの外国人客で満員。立ち食い蕎麦でいいかと、暖簾をくぐろうとした瞬間、浴衣姿の女のコが胸に抱く手書きのボードが目に入った。話を聞けば「お寿司食べていきませんか」と言うではないか。

 看板を一瞥すると「海鮮寿司カールズバー」と書かれている。

朝どれ、新鮮な魚を女のコたちが握る

 女のコに手を引かれるように立ち食い蕎麦屋のビルを上がると、スナック然としたエントランス。

「みなとまつり開催中!」とかわいい文字で書いてある扉を開けると、「いらっしゃいませ~」と黄色い声が聞こえてきた。

(前列右から時計まわりに)乃愛ちゃん、もかちゃん、るなちゃん、ねねちゃん、りおんちゃん。寿司屋とは思えぬ華やかさだ

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SPA!

この連載について

初回を読む
俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

風俗(かぜ)を読む取材班 /SPA!編集部

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさいーー。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!(毎週水曜日更新)

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード