こういうとき、息子とふたりきりだと心細い

美人東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛んだ奥さまと、2歳になった息子を育てる樋口毅宏さん。今回は2018年6月29日と30日の日記をお届けします。前回の日記はこちらからどうぞ。

6月29日

かずふみ、咳で何度か目が覚める。

先週の火曜日以来、一度は熱が下がり、また微熱が続き、遅刻ばかりなれど休むことはなく。

かかりつけの病院で37.6だったが、薬局では36℃台だったので保育園に連れて行く。

その間、新作の取材のため、池袋にある自由学園明日館へ。フランク・ロイド・ライトの建築。

大正から昭和にかけて、こんなに美しい学校で学んだ当時の女子学生は幸せだっただろう。

その後、保育園へ迎えに。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
Baby Don't cry 〜赤ちゃんと俺とキレ妻と〜

樋口毅宏

伝説の育児日記が帰ってきた!『おっぱいがほしい!——男の子育て日記』で、各方面を騒然・唖然・呆然とさせた作家の樋口毅宏さんが、満を持してcakesで続編をスタート!美人東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛ん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません