すっぱうまい!! トマトを使った新感覚のけんちん汁

今日ご紹介するのは「トマトと豆腐のけんちん汁」。トマトの酸味が心地よく、疲れた体をやさしくいたわります。お肉を加えたり、冷汁にしたりとアレンジも自由自在。この連載を元にした書籍『スープ・レッスン』も好評発売中です。

昆布のだしを使って作る、精進スープ

じめじめした季節、パッと目の覚める鮮やかなけんちん汁は、いかがでしょうか。けんちん汁といえば、炒めた野菜と崩した豆腐を合わせた澄まし汁。今日は、真っ赤な完熟トマトを使います。赤いトマトと白い豆腐の組み合わせがなんともいえず愛らしいビジュアル。

トマトも豆腐もうまみのある具材ですが、少し昆布で味を補いました。こうすることで、野菜だけでもぐっと深い味わいになります。ごま油はコク出しというよりは、風味づけにちょっぴり使う程度。
あっさりしていながら、じわじわとくるうまみとトマトの酸味、そして豆腐のやわらかさが後を引くおいしさです。

味も純和風というよりは、なんとなく無国籍風で、パンにも意外に合います。これからの時期の、完熟トマトで、ぜひつくってみてください。


トマトと豆腐のけんちん汁

材料(2人分) 所要時間10分

トマト 大1個(300g)
豆腐 200g(1/2丁)※絹ごしでも木綿でも
昆布 5~10センチ(約5g)
ごま油 小さじ2
塩 小さじ1
水 400mL

作り方
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

スープ・レッスンが本になりました! 好評発売中です!

スープ・レッスン

有賀 薫
プレジデント社
2018-09-27

この連載について

初回を読む
スープ・レッスン

有賀薫

鍋ひとつ皿一枚で作って食べられる、簡単で失敗しにくく作り置きがきく、朝や夜遅くに食べても体に負担がかかりにくい……作る、食べる、両面において楽なスープは、忙しくて充実した食事がとれないと悩む人にぴったりの料理です。旬の野菜をたっぷり食...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nukusuke 昨夜の残りにキムチと冷やご飯加えてなんちゃってチゲ風オジヤ。美味し。 3ヶ月前 replyretweetfavorite

shour_d4 トマトと豆腐のけんちん汁。さっぱりしてて疲れたからだにも入りやすい どなたかがいってたけど、「味噌汁って気分じゃないけど汁物どうしよう」というときに、有賀さんのお名前と具材で検索するとこれ!というのが出てくる…とてもありがたいです🙏 https://t.co/ZnSyUxEiAf 4ヶ月前 replyretweetfavorite

ronchan99428624 これ30回は作ってるんだけど、最初はそのまま、次は冷製(時々青紫蘇)、次は胡椒とラー油たっぷりと色んな食べ方ある。とにかく好き 4ヶ月前 replyretweetfavorite

_kk_kw #スープ・レッスン の中で去年の夏ヘビロテだったのはコレ☝️ あとはセロリと肉だんごのスープ 6ヶ月前 replyretweetfavorite