若冲が来てくれました」展—「美」と「生命力」に込められた、復興への願い

最新の展覧会をレポートするアート連載。今回は東京を離れ、福島で開催されている「若冲が来てくれました」展をご紹介。「美」と「生命力」というテーマにそって、伊藤若冲の《鳥獣花木図屏風》をはじめ、世界的な江戸絵画のコレクションがふんだんに堪能できます。東北三県限定で巡回しているこの贅沢な展覧会の開催には、日本を愛するある夫婦の祈りが込められていました。

こんにちは。今回は少し離れた場所からお便りいたします。いま、福島におります。というのも、ぜひご紹介したい展覧会がこちらではじまったからです。福島県立美術館での「若冲が来てくれました」展です。

同展開催の発端となったのは、あの2011年3月のこと。東日本大震災の報に触れて、遠い米国カリフォルニアに住むある老夫婦が、激しく心を揺さぶられました。ジョーと悦子のプライス夫妻。悦子にとって日本は祖国ですし、ジョーも若いころから、日本人と日本文化に深い愛着を持ち続けていたのです。

自分たちにできることはないか。ふたりは考え、ひとつの提案をしようと決めます。所蔵するコレクションを、東北で展示したいというものでした。プライス夫妻は、江戸絵画に関する世界的なコレクターなのです。色彩を失くした世界を日々生きている被災地の人たちに、色彩あふれる美の世界を届けることが、少しでも慰めになればと考えました。

日本の美術関係者に声をかけて準備を進め、ことし、東北三県でプライス・コレクションの巡回展が開かれることとなりました。春から仙台市博物館、岩手県立美術館と続き、現在は福島県立美術館へ。ここが最終回となります。

三館のうち、ここ福島が、展示スペースを最もゆったりととることができました。会場では、膨大なコレクションの精華をたっぷり楽しめます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
アート・コンシェルジュからの便り

山内宏泰

世に“アート・コンシェルジュ”を名乗る人物がいることを、ご存じでしょうか。アートのことはよく知らないけれどアートをもっと楽しんでみたい、という人のために、わかりやすい解説でアートの世界へ誘ってくれる、アート鑑賞のプロフェッショナルです...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

gotoichi1003 これです。行きたいなぁ。と思いました。→ 5年弱前 replyretweetfavorite

hako0123 あ、福島で始まった。9月23日まで_φ(・_・是非見に行きたい!“ 5年弱前 replyretweetfavorite

yanabo 福島県立美術館の若冲展fromプライスコレクションは、cakesでも紹介! #ss954 https://t.co/CMvO4jO7Ps 5年弱前 replyretweetfavorite

fujinejima “色彩を失くした世界を日々生きている被災地の人たちに、色彩あふれる美の世界を届ける”―作品もプライス夫妻の気持ちの現れも美しい・・・― 5年弱前 replyretweetfavorite