控えめな甘さが上品なデザートトマト

連載54回目は旬のトマトを使った「トマトのコンポート(蜜煮)」をご紹介します。グラニュー糖を使うことでさっぱりとした上品な甘さに。出来上がったコンポートは冷蔵庫で3〜4日間日持ちし、日を置くと味が馴染んでさらにおいしくなります。

夏野菜のイメージのあるトマトの旬は6〜7月のちょうど今頃。このところは特に夏場の気温が高くなったこともあり、8月になるともう美味しいトマトがつくれなくなってきました。スーパーに行くと高品質なトマトが安価で売られているので、今のうちに楽しんでおきましょう。

今日はちょっと方向性を変えて、トマトをコンポートにします。コンポートとは蜜煮のこと。控えめな甘さが上品なデザートです。普通のトマトがフルーツトマトのような高級な味になります。

ポイントは「時間をかけて甘味を染み込ませること」さっぱりとしているので、朝食にもどうぞ。


トマトのコンポート

材料

トマト…(小)4個(500g〜600g)
グラニュー糖…60g(なければ上白糖でも可)
水…500cc
レモン…半分


作り方

1.トマトは包丁でヘタをとり、熱湯に15秒〜20秒くぐらせてから、冷水にとり、皮を剥く。(=湯剥き)


湯剥きについてはこちらの記事でくわしく説明しています


2.鍋に水500cc、グラニュー糖60g、レモン半分を絞り入れ、沸騰させる。(Tips1 グラニュー糖を使うことでさらりとした甘さに)


3.保存容器に1のトマトを並べ、2のシロップを注ぎ入れる。キッチンペーパーを落とし、蓋をしてそのまま1時間ほど放置し、粗熱をとる。冷蔵庫に入れ、一晩(8時間以上)冷やす。(Tips 2 熱い液体を注いで予熱で調理する)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載やnoteの記事をベースに、書き下ろしレシピも加えた『新しい料理の教科書』が好評発売中です。ハンバーグ、チャーハンなどの定番メニューを家庭でいちばんおいしく作る方法をご紹介しています。

この連載について

初回を読む
おいしい」をつくる料理の新常識

樋口直哉

食の博識、樋口直哉さん(Travelingfoodlab.)が、味噌汁、ハンバーグ、チャーハンなどの定番メニューを、家庭でいちばんおいしく作る方法を紹介します。どういう理由でおいしくなるのか、なぜこの工程が必要なのかを徹底的に紹介し、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

darling00000000 トマト嫌いな私でも食べれるかしら 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

naoya_foodlab トマトの蜜煮です。コンポートは砂糖が高かった時代、超高級品だったんでしょうね。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite