九螺ささら「きえもの」

九螺ささら「きえもの」【椎茸】

もしも銭がたまったら、いつか気に入った水墨画を手に入れたい。
おれは思い出してまた陶酔し、目を閉じる。
――電子雑誌「yomyom」に連載中の人気連載を出張公開!

 椎茸はグーグルマップの不在記号「悪霊はここにいません」の印




 雷だ。

 寺の近くに落ちたんじゃなかろうか。

 雷の後は落ちたところに椎茸がしこたま発生するから、住職は嬉しいだろう。精進料理は椎茸の出汁が肝だ。

 青山の甲賀組で傘張りをしているおれのような浪人の忍びの者は一体何人いるのだろう。おれなどには新しい傘は高くて一生手に入らない。一度買えた輩(やから)もこうして張り直して張替え傘を安く買う。

 古骨買いをして、竹骨は残して油紙だけ替える。この新しい油紙の匂いが堪らない。深く吸い込むと安堵する。おれは毎日油紙の匂いを吸い込んで、それから仕事に取りかかる。

 もしも銭がたまったら、いつか気に入った水墨画を手に入れたい。墨の濃淡だけで此の世が描かれている。神仙の御技だ。

 墨屋に凄いのがあった。椎茸の水墨画だ。たった十八刷毛で、ふたつの椎茸が描かれていた。墨の濃淡と線の太さだけで描き切っていた。二本の軸、二つの笠、軸の根元から放射状に襞がそれぞれ七本。

 たったそれだけで。


 おれは思い出してまた陶酔し、目を閉じる。


 雷が落ちた。


 おれはあの水墨画のふたつの椎茸の間にいた。椎茸はおれの体の十倍くらいだろうか。生の椎茸の、じめじめした匂いと、墨の、つんとするような匂い。そしてあの、新しい油紙の堪らない匂い。見上げると、椎茸の笠が油紙に張り替えられている。

 馴染んだ匂いを胸一杯に吸い込む。

 全身が落ち着いて、ここにいようと心が定まる。


 また雷だ。

 おれは椎茸の笠の下に隠れる。




 やはらかなビスとして椎茸は育ち現世の亀裂にそっと入り込む



この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

歌人・九螺ささら「きえもの」一挙15篇収録。あらゆるエンタメを自由に楽しむ電子の文芸誌、毎奇数月第3金曜に配信!

yom yom vol.54(2019年2月号)[雑誌]

三谷匠衡,macho,今祥枝,小林勇貴,武内涼,花房観音,武田綾乃,最果タヒ,東川篤哉,朱野帰子,寺地はるな,結城充考,乾緑郎,吉野万理子,青柳碧人,九螺ささら,門井慶喜,ふみふみこ,荻上チキ,円城塔,平原卓,橋爪駿輝,渋谷直角,カレー沢薫,恒川光太郎,柳瀬博一,新納翔,國友公司,新井久幸
新潮社
2019-01-18

この連載について

初回を読む
九螺ささら「きえもの」

九螺ささら /新潮社yom yom編集部

初の著書『神様の住所』がBunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞した歌人・九螺ささらによる、短歌と散文が響き合う不思議な読み物。電子雑誌「yomyom」に連載中の人気連載を出張公開!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません