追悼・田辺聖子さん―「ジョゼと虎と魚たち」を読む

ふだんジョゼは、段ボールにきれいな雑誌の切り抜きを貼り付けて楽しんでいる、という描写がある。段ボール紙に囲まれた生活であっても、それを自分の好きなものやきれいなもので覆い、夢を見ながら現実を生きるすべをジョゼは知っている。
 だからこそ、ほんとうの幸福な瞬間は、死ぬことみたいに静止して、どこにもいかないこともまた、ジョゼは知っている。

「ええのんか」
「ドアの鍵、かけた?」
「かけてない」
 恒夫は大いそぎで鍵をかけさせられてしまう。「……させられてしまう」というのがすべてにくっつくところに特徴があった。
(『ジョゼと虎と魚たち』田辺聖子(角川書店)p195~196)

 田辺聖子さんは、たとえば『言い寄る』(講談社)のような現代的な恋愛小説(なんと発刊から50年経ったのに、いまだにまったく古びれず、読めば「わ~わかる~」とゴロゴロ転がってしまうのだ)を書いた。だけど恋愛小説だけじゃなくて、『新源氏物語上~下』(新潮社)のような古典の新訳(ものすごく面白いしさらっと読めちゃうので、もっとたくさんの人に知ってほしい)もほどこした。さらには『姥ざかり』(新潮社)のような「おばあちゃんがらんらんと活躍する」物語まで生み出した。どれも偉業、と簡単な言葉で済ませたくなるけれど、もう少し言葉を選ぶなら、「田辺聖子にしか書けない作品がこの世にたくさんあるのが嬉しい」とわたしはいちファンとして思う。
 テンポが良くて色っぽい関西弁、にこっと微笑んで交しあう会話、おいしいごはんと楽しい趣味。それから自分の分はきちんと自分で養うための仕事。
 田辺聖子的、としか言いようのない世界が本を開けばそこにはあって、わたしたちは彼女の小説の世界に憧れ続ける。
 個人的なことを言えば、たとえばわたしは彼女の描く関西弁の男の子が大好きで、ちょっと苦労知らずで鈍いし口は悪いけれど、それでもやさしくてずるくない男の子が「な、なぜ現実にはいないのか……」と思い続けてきたフシがある。なぜ現実にはいないのか。もちろんわたしが田辺作品に出てくるような素敵な関西弁のお姉さんからは遠いからよ、と微笑まれそうな話であるけれども。
 そんな田辺聖子作品だが、恋愛とか仕事とか生活とか人生とか、いろんな要素が詰まっているものの、「死」というテーマもまたそこに横たわっていることは、あまり注目されない。


 田辺聖子作品を読んで、死を連想する人は少ないかもしれない。
 でもはっきりと、短編小説「ジョゼと虎と魚たち」には、それが描かれている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ジョゼと虎と魚たち (角川文庫)

田辺 聖子
KADOKAWA/角川書店
1987-01-01

この連載について

初回を読む
三宅香帆の文学レポート

三宅香帆

『人生を狂わす名著50』(ライツ社刊)著者、三宅香帆による文学レポート。  ふと「いまの文学の流行りをレポート」みたいな内容を書いてみようかなと思い立ちました! なんとなく、音楽や映画だと「ナタリー」みたいな流行をまとめる記事っ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Mabutchi613 原作を、大至急読まねばだ。 https://t.co/AcRH70Mux0 6ヶ月前 replyretweetfavorite

kaorun67 映画はなんどもみたけど。原作読みたくなった(涙目 6ヶ月前 replyretweetfavorite