桃山商事の恋バカ日誌

ポローンしても許される男、すっぴんも許されない女

cakesで人気のこの連載をベースにした書籍『モテとか愛され以外の恋愛のすべて』が6月9日に発売されました! 前回にひき続き出版を記念して、この本に出てくるキラーワードやエピソードをピックアップしてご紹介していきます。男女の間には〝ポローン格差〞があるというお話や、すぐ「オナニーするの?」と聞いてくる男たちの話などをお届けしていきます。

深くて楽しいNEO恋バナの世界

【登場人物】

清田隆之
桃山商事・代表
1980年生まれの文筆業

森田雄飛
桃山商事・専務
同じく1980年生まれの会社員

ワッコ
桃山商事・係長
1987年生まれの会社員

清田 桃山商事の恋バナ連載、今回も「出版記念特別編」をお送りします。

森田 本連載を加筆修正した新刊『モテとか愛され以外の恋愛のすべて』(略して『モテすべ』)が6月9日に発売されまして、その中に出てくるパワーワードとそれにまつわるエピソードをハイライト的に紹介していきます。

ワッコ 発売を機に改めて読み直してみましたが、下ネタが多いですよね。

森田 おそらく、この本で一番よく出てくる言葉は「まんこ」と「ちんこ」ではないかと。

清田 一方で、オビ文でライムスターの宇多丸さんが「爆笑させられ、身につまされているうちに、思わぬ真理が浮かび上がる」と書いてくれているように、下世話な話をしてたのにいきなり人間の本質みたいな部分に行き当たることもある。そういう新しい恋バナの楽しみ方を〝NEO恋バナ〞として提唱していきたい!

森田 本日もとっておきのNEO恋バナをお届けします!

【ポローン格差】

清田 〝ポローン格差〞は、「恋愛と油断」という章で出てきたんだったね。

森田 これは、パートナーの油断を許せるか許せないかという問題を話していて出てきたパワーワード。これについては常連投稿者の〝漁師の娘〞さんが逡巡していた。深夜に酔っ払って帰ってきた夫がそのまま下着で寝ている時とかに、トランクスからいろいろポローンとはみ出ているのを発見してしまうんだって。彼女はそういうポローンが好きじゃないんだけど、「これぐらいの油断は許すべきなんじゃないか」とも思うから、何も言えないみたい。

清田 そのケースが男女逆だったらどうなんだろうか?という問題提起から、男女の間には〝ポローン格差〞がありそうという話になった。世間的には、なぜか男性のポローンよりも女性のポローンに対してのほうが厳しい目が向けられるという。これはポローンだけじゃなく、例えばおならやニオイなんかも同じだと思う。

ワッコ わたしなんて、出かける時にメイクしてないだけで彼氏に小言を言われたことがありますからね。男は金タマ出ていても許されるのに、こっちはすっぴんってだけで文句言われるのは、不条理ですよ。〝ポローン格差〞はほんとに大きい。

森田 ポローンに関して言うと、清田は積極的にちんこ出したい派だよね。

清田 誤解を招きそうな表現だな……。もちろん公衆の面前では出さないけど、俺の中には、彼女や妻の前で遊びみたいな感覚でちんこをポローンしたい気持ちは確かにある。中高が男子校だったもので人前でちんこを出すことに抵抗がなくなっており……その文化の名残もあるのかもしれない。それで言うと、ワッコにはポローンしたい欲求はあるの? 例えば彼氏の前でぱいポローンしたいとか思ったことはある?

ワッコ それはないですね。むしろ見られたくない派なので。でも昔、立ちションしてみたいと思ったことはあります。あれはもしかしたらポローン欲求に近いんでしょうか!? 子供の頃に練習したこともありますし。

清田 草むらとかで?

ワッコ そうですそうです。いざやってみたら靴下がおしっこまみれになっちゃって、楽しくも気持ちよくもなかった……。構造的にうまくいかない

清田 女性から見たら、男が立ちションする姿って気持ちよさそうに見えるのかな……。そうやって考えたことなかった。

森田 立ちションできるのってラクだよね。

ワッコ わたし大学のときアウトドア系のサークルに入ってたんですけど、男子は山とかですぐおしっこできるのに、こっちは茂みを探さなきゃいけないのが面倒で。格差を感じました。

森田 俺も妻と山登りに行くと、「男はラクでずるいな〜」って言われる。

清田 ライブでも花火大会でも、トイレ格差の問題がめっちゃあるもんね……。

【まんこ介し】

森田 お次は〝まんこ介し〞です。……それにしても、自分がこんな風に「まんこ」って言葉を普通に言うようになるなんて思わなかったな〜。慣れはすごいよ。

清田 森田は元々は「ちんこ」や「まんこ」を口に出すタイプじゃなかったもんね。今では「まんこ」って言葉なしには議論が進まない(笑)。

ワッコ 〝まんこ介し〞は「彼氏の知らない私」という章で出てきた言葉ですね。〝ポローン格差〞ともつながる話なんですけど、「女性がオナニーしてるのが信じられない男性」や「女性のオナニー事情を(恐る恐る)知りたいと思ってる男性」って一定数いるじゃないですか。

清田 いるいる。

ワッコ そういう男性は、合コンとか飲み会の席で下ネタの空気が出てくると、すぐ「オナニーするの?」と聞いてくるんです。

清田 それって「Sなの?Mなの?」と聞くのと同じレベルにつまんない質問だよね……。

ワッコ で、もしその場にかわいい女の子がいるとするじゃないですか。そうすると男性陣は、その子のオナニー事情を何よりも聞き出したいわけです。けどいきなり聞いて引かれちゃうのもイヤだから、わたしみたいにゲスそうな女のオナニー話を聞き出してから、「ワッコも言ってるんだから言っちゃいなよ」みたいなノリでかわいい女子にアプローチする。一回ゲスまんこをかませてから、最終地点のかわいいまんこに行こうとするんですね。

清田 それが〝まんこ介し〞。

ワッコ かませ犬ならぬ、かませまんこなんですよ。

清田 そこで求められているのは、彼らにとって都合のいい理想像みたいなものだよね。「この子はしてて欲しい、この子にはしてないで欲しい」という幻想の押し付けみたいなのが透けて見える。

ワッコ 「この話題、イヤだなあ」と思ってる女の子に対して、嫌がらせしたいだけなんじゃないかと思うこともあるし。

森田 ただのセクハラだよね。

清田 あとさ、もしもそこで女子が「してるよ」なんて答えようものなら、「俺たちだから特別に教えてくれたんだ!」みたいに思って盛り上がりそう。

ワッコ いやいや、場の空気読んで言ってあげただけだから勘違いすんなよと思いますよね……。最悪なのが、後日男性陣が「○○ちゃんてオナニーするらしいよ」とか「セックス大好きらしいよ」とかウワサするパターンがあるんですよ。これ、マジであるあるです。

森田 最悪だな……。 自分たちが勝手に持っていた予想や期待を裏切られて、でもやっぱり認めたくないから、「実はビッチ」みたいなことで納得させてるのかもしれないよね。

ワッコ 勝手にクレーム状態

清田 完全にホモソ案件だよな……。

ワッコ そもそも、女性は男性に対して「オナニーする?」とか聞かないじゃないですか。なんであいつらは、そこまで女性のオナニーが気になるんですかね。ポローン格差じゃないけど、ほんとに格差があると思う。

【担当:母】

ワッコ これは「恋愛と親子関係」という章のキーワード。「彼氏がマザコンなんじゃないか」と悩んでいる女性の話が出てきたんですけど、実際かなりマザコンみがありましたよね。アラサーの実家暮らしで、お母さんに服や下着を買ってもらっているという……。

清田 彼にとって服や下着を買うのは自分の担当ではなく、〝担当:母〞という意識があるんだと思う。前々回に紹介した〝開きは試金石〞も、結局はこの問題な気がする。魚の開きをばらしてくれたり、果物を剥いたりしてくれるのも、担当:母だよね。

ワッコ 完全に任せちゃってるから、自分でやらなきゃいけないという認識すらなさそう。

森田 家事全般に対して適用できそうだよね。

清田 例えば、いくら洗濯物がつみあがっていても担当:母や担当:妻だから関係ない、みたいな。我々のニコ生番組のコメントで知ったんだけど、「タオパンパ」っていう言葉があるんだね。元々はタオル・パンツ・パジャマを指す言葉で、風呂上がりに妻に用意して欲しいものなんだって。これが転じて、マザコン男を意味する言葉になったみたい。

ワッコ ゲロ吐きそう。

森田 ヤバ過ぎるけど、言葉としては語感に甘えたニュアンスがしっかり出てるところがいいよね。タオパンパ。

清田 ただ、実際よくある話だとも思うんだよ。我が身を振り返っても、子供の頃って担当:母という意識すら持たずになんでも当たり前にやってもらってたわけで。「お母さん、サッカーのユニフォーム出てないじゃん!」とか言ったり。

森田 俺も言ってたな〜。

ワッコ 女性の場合は、そういう母親の姿を見て「こうならなきゃ」みたいな意識を刷り込まれるのかもしれないですよね。

森田 日本ではそういう「母親が何でも世話をする」親子関係が多数な気がするよね。親離れ/子離れしなきゃいけないという意識があまりないというか。俺は少し前にニュージーランドに住んでる女友達の家へ遊びに行ったんだけど、そこで日本の親子関係との違いを強烈に感じた。ニュージーランド人の夫との間に子供が2人いて上の子は4歳なんだけど、その子は夜になると「おやすみなさい」と言って自分の部屋に一人で入っていく。2歳の頃から一人で寝てるんだって。

清田 日本だと、幼稚園くらいまでは「川の字」で寝るのがデフォルトだよね。

森田 彼女も最初はそうしようと思ってたらしいんだけど、夫が「子供と一緒に寝たら、僕たち二人の時間がなくなっちゃう」と主張して、一人で寝かせるようになったみたい。あくまで夫婦主体に考えて、「子供は子供」と考えるのがあちらでは一般的なんだって。

ワッコ 確かに、海外ドラマとかでも子供は一人で寝てるイメージがありますね。

清田 自立を奪うのは逆に虐待という考え方もあるって聞くよね。

森田 もちろん、その子も完全に精神的に自立できてるわけじゃないんだよ。昼寝から起きた時なんかに寂しくて泣いちゃうようなこともあって、そうすると両親は徹底的に甘やかす。その辺りのさじ加減が絶妙で、一人の人間として生きていく訓練をしてる感じがした。その様子を見てたら、日本でマザコンが多いのも仕方ないのかもしれないなと思ったよ。母親たちからしたら、一身に「日本的子育て」を引き受けて一生懸命やった結果なわけだし。

清田 担当:母の呪縛は、お母さんたちにとってはプレッシャーとしてのしかかってしまうわけだもんね……。

森田 離れられなくなるのも無理ない。だからマザコンって、そうなってる親子のせいだけじゃなくて、環境や意識の刷り込みの影響もかなり大きいんだと思う。……とはいえタオパンパ男は最悪だけど。あと、なぜ男性だけがタオパンパになるのかというのも、かなり重要な論点だよね。

ワッコ マザコン問題は女友達の間で常にホット・トピックなので、改めて掘ってみたいですね。

清田 さて、『モテすべ』出版記念特別編はこれでおしまいになります。NEO恋バナをもっと読みたい方は、本書をぜひ手に取ってみてください!

(次回は「秘密と嘘 その2」をテーマにお届けします)

構成:森田雄飛
文:清田隆之・森田雄飛・ワッコ





深くて楽しいシモネタが盛りだくさん!
NEO恋バナ『モテすべ』をぜひご覧ください!




桃山商事、ニコ生はじめたってよ!
ニコニコチャンネル
桃山商事の恋愛よももやまばなし


この連載について

初回を読む
桃山商事の恋バカ日誌

森田雄飛(桃山商事) /清田隆之(桃山商事) /ワッコ(桃山商事)

2001年の結成以来、「失恋ホスト」として1000人以上の男女から恋のお悩みやエピソードを聞き続けてきた恋バナ収集ユニット「桃山商事」がお届けする、新感覚の恋バナ談義。普段ほとんど語れることのない恋愛の様々なテーマを毎回ひとつ取り上げ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

momowakko マザコン男性を意味する「タオパンパ」という言葉を知っていますか?風呂上がりにタオル・パンツ・パジャマを妻に用意して欲しい男性を意味するそうです。私はこのとき初めて知りました。タオパンパ、タオパンパ、タオパンパ…… https://t.co/CQVXtXmHnG 4日前 replyretweetfavorite

momoyama_radio マザコン男性を意味する「タオパンパ」という言葉を知っていますか?風呂上がりにタオル・パンツ・パジャマを妻に用意して欲しい男性を意味するそうです。私はこのとき初めて知りました。タオパンパ、タオパンパ、タオパンパ…… https://t.co/IqjfEOtkMJ 4日前 replyretweetfavorite

XiaoTao_jp タオパンパって初耳だけどホント吐きそう。 4日前 replyretweetfavorite

ebibade_ebissu この連載毎回とてもおもしろい… 「男/女」で語られがちな恋愛を、もっと根っこから突き詰めていくという「NEO恋バナ」🍑 4日前 replyretweetfavorite