山崎静代の言葉の強度

今回取り上げるのは、先ごろ蒼井優との結婚を発表した、南海キャンディーズの山里亮太ではなく、その相方のしずちゃんこと山崎静代です。ボソボソとして口数は少なく、決して器用なタイプではない彼女ですが、同席した結婚発表会見ではたくさんの笑いを取っていました。そんな彼女の言葉の使い方について武田砂鉄さんが考察します。


「受取手の感情を断定するなんて無礼」

死んでしまった母親が語りかけてくる設定などの「感動絵本」を量産する「のぶみ」が、自伝エッセイ『暴走族、絵本作家になる』の中で「図書館の絵本を6000冊、1ヶ月で読み終えてた」と明かしているのだが、図書館の開館時間が8時間だとして、30日間毎日通ったとしても、2分半に1冊読んだことになる、と意地悪く算出したことがある。その信憑性はさておき、母親の死をテーマにした理由を「感情移入できる絵本をシンプルに作ろうとすれば、そして普遍的なテーマを扱うのであれば、母親の死というのは究極の設定なのです」(HRナビ)としたことについては、どうしてそういうことが言えてしまうのだろうとの疑問を抱く。感情移入できる絵本をシンプルに、との姿勢が理解できないが、その心がけを外に漏らせてしまう感じが更に理解できない。

彼の絵本はとてもヒットしている。次に出す自著のテーマと関連することもあって、彼の著作の探索を続けている最中なのだが、彼の言う「感情移入してもらうためのシンプルさ」というのは、このところ、あちこちで強まっている気がする。これを手にすれば泣ける、これを見れば笑える、などと、提供する側が受け手の感情を規定してくる感じ。昨年、「4回泣けます」というキャッチコピーを振りかざした映画が注目されたが、このキャッチコピーについて、俳優・斎藤工が「これは駄目でしょう。受取手の感情を(しかも回数まで)断定するなんて無礼だなと感じたし、事実私はこれで〝絶対観るもんか〟と決意。この作品のタイトルじゃないけれどコーヒーの前に気持ちが冷めた」(『映画秘宝』2019年3月号)と断じたのは清々しかった。受取手の感情を断定してはいけないはずなのである。

ボソボソに意味が濃縮されている

そんなに絵本をたくさん読むほうでもないのだが、昨年発売された、南海キャンディーズ・山崎静代による絵本『このおに』がとても印象に残っている。2007年にボクシングを始め、日本オリンピック委員会の強化選手に選ばれた山崎は、もうすぐオリンピック出場というところまで急成長を遂げたが、その成長には鬼コーチ・梅津正彦の存在があった。このコーチは2013年に闘病の末に亡くなってしまうのだが、鬼コーチへの恨みと感謝を注いだのがこの絵本である。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「ここでしか書けない」 言葉の在庫を放出した。

往復書簡 無目的な思索の応答

又吉直樹,武田砂鉄
朝日出版社
2019-03-20

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

MrVirgoMan #スマートニュース 13日前 replyretweetfavorite

notkitasima #スマートニュース 意外と 13日前 replyretweetfavorite

ryosake3 鋭く追求できる人は、やさしく称賛することもできるんだな。最近追求をする記事が多かった気がするから後半で和めました。(前半は鋭いですが) https://t.co/pK2NMhPr7v 13日前 replyretweetfavorite

hibicoto 前半、絵本作家のぶみ氏の話で「おしずの話にどう繋がるの?!」と思って読み進めた。流石すぎ。面白かった……。 14日前 replyretweetfavorite