あなたは本物の〇〇じゃない」と専門家に言われたら

今回、牧村さんのもとには「ある専門家からあなたはレズビアンではないと言われました」という女性からのお悩みが届きました。「レズビアンの定義として、相手の心の性も必要なのでしょうか?」という相談者さんの疑問に対して、牧村さんは人類がこれまで必死にやろうとしてきたことに思いを馳せながら、「あなたは〇〇じゃない」という言葉にどんな意味があるかを考えていきます。


※牧村さんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください! HN・匿名でもかまいません。

世界は分けてもわからない

分子生物学者、福岡伸一さんの著書のタイトルです。

限りない世界の謎に、限りある生命を重ねて、言語で、科学で、感覚で、人類はずっと向き合ってきました。……いや、「人類」という表現がもう、わかんないかもしんない。何をもって「人類」とするのかが、個々人によってあまりに違うからです。

例えばネアンデルタールやアウストラロピテクスのような初期人類を、「自分と同じ人類」と認識する人もしない人もいるでしょう。ずば抜けた能力を持つ誰かのこと「同じ人類と思えない」って、言わない人も、言うだけの人も、実際にそう認識する人もいるでしょう。ある言葉で、何を思うか、人によって違う。同じく人体と分類されるからだを持って生きても、何をどう認識するか、人によって違う。そもそも言葉自体も、地球上に現存するだけで7000言語以上ある(参考: ethnologue)。7000言語以上を70億人の地球人類がそれぞれのやり方でピュンピュン飛ばしあう中、「人類」という二文字の捉え方すら、あなたとわたしで違うのです。

世界は、分けても、わからない。

それでも、わたしは、わかりたい。

「世界は分けてもわからない」の中には、まだ光学も解剖学も未発達な中、古代ギリシャの人々が「どういう仕組みで目が見えるのか」って一生懸命議論した話が出てきます。やがて到達した結論を本で読んでわたしは涙ぐんでしまいました。マジ必死。人類。「わかりたい。」この気持ちが、限りない世界を限りある生命抱えてなんとか分類整理しようとするこころみにつながるわけですが、しかし、頑張れば頑張るほど世界の限りなさを突きつけられることになる。分類整理できなさ、途方もなさ、ありえねえ無限さの前に立ち尽くすことになる。「わたしもまたこの無限の一部をなす、有限な生命のひとつなのだ」ということを噛み締めながら……。

今回ご紹介するのは、「レズビアンです。専門家に、あなたはレズビアンではないと言われました」とおっしゃる方からのご投稿です。人類がなんとか世界を分類整理していこうとする、そのこころみがうまくいってないパターンに対してどうしよっかね、って、考えていこうと思います。

ご紹介します。

レズビアン当事者からの質問です。10年以上お付きあいしているパートナーがいますが、その方はFTXです(ホルモン等なし)。男の部分も女の部分もありますが、私は彼女の女の部分を愛しています。 ある専門家から、「レズビアンとは、(1)自身が女性で(2)女性として、(3)性自認が女性の同性を好きになる人の事だ」と言われました。 私のパートナーの性自認は男性でもあり、女性でもあるため、あなたはレズビアンではないと言われました。レズビアンの定義として、相手の心の性も必要なのでしょうか?
(ご投稿を全文そのまま掲載しました)

な、

ななな、

な、

なんの専門家の方ですか?

うひゃあ。お疲れ様でした。

えっとまず、ご質問にお答えしようと思います。「レズビアンの定義として相手の心の性も必要なのでしょうか」。わたしの答えはNOです。その専門家がどう思うかは関係なく、あなたがあなたをどう思うか、です。

あなたはあなたなんでしょう。あなたはその人が好きなんでしょう。無理にレズビアンになろうとしなくていいと思うんです。お相手のことを「男の部分も女の部分もある」と説明したり、「女の部分が好き」と言ったりすることも、あなたがしたくて相手が受け入れていることならいいけど、周りに納得してもらうためにしていることなら、やらなくていいです。少なくとも心のうちでは。ほっといていいの。もっともっと言うと、「レズビアン」を名乗ることでやっとお相手を愛する自分の気持ちを説明できるような気持ちになっているなら、それだけなら、名乗んなくてもいいの。名乗ってもいいんだけど。「レズビアン」も「LGBT」も外来語だし、「同性愛」も外来概念由来の和製漢語です。「だから我々日本人にはそぐわない!」だなんて雑なこと絶対言わないけど、こうは言えるかな。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ハッピーエンドに殺されない

牧村朝子

性のことは、人生のこと。フランスでの国際同性結婚や、アメリカでのLGBTsコミュニティ取材などを経て、愛と性のことについて書き続ける文筆家の牧村朝子さんが、cakes読者のみなさんからの投稿に答えます。2014年から、200件を超える...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tokima_k10 私もこれあらゆることで色んな人に言われたけど、「うるせぇ~~~!!俺は俺だ~~~~~~!!!(ポプ子)」と到達できた…救われる記事~~~!! 6ヶ月前 replyretweetfavorite

makimuuuuuu 「あなたはレズビアンではありません」と専門家(なんのだろう)に言われたレズビアンの人の話です 6ヶ月前 replyretweetfavorite