酒場のカオス【スズキナオ】

お酒を飲んでいると、思いもかけない出来事に遭遇ことがある。たまたまなのか、はたまたお酒を飲んでいたからこそ引き寄せた出来事なのか……。今回はスズキナオさんによるそんなお話。
なんだか気ぜわしい僕たちの毎日には、楽しくて、ちょっとホッとできる「お酒」が必要だ! 本連載はそんなお酒をこよなく愛するあまり、「酒の穴」というユニットを結成してしまったパリッコさんとスズキナオさんが、酒にまつわるアレコレをゆるーく、ぬるーく書いていくリレーエッセイです。過去の連載へはこちらから。

もう後へは引けない

かなり昔の記憶なのだが、友達と繁華街で飲んだ後、近くにあった大きなゲームセンターにふらっと立ち寄った。なんとはなしに、あれもUFOキャッチャーの一種ということでいいのだろうか、半球のカプセルの中に飴玉だの小さなマスコットだの、雑多なものが入っているのをすくい上げて、動くバーの上に落とす、そのバーが落としたものをグイーッと押してくれて、取り出し口まで上手に押し出せたらそれをもらえる、というようなゲーム機で遊んだ。

私がやったのはラムネかガムかがあらかじめ取り出し口のそばにうず高く積まれているもので、射幸心をあおるというか、その塊を少しだけ押し出せばバランスが一気に崩れてガラーっと大量のお菓子が落ちてきそうな風になっている。

もちろん、ゲームセンター側もよく考えていて、うず高く積まれた菓子は重さもあるのだろうし、高く積まれ過ぎて突っ張り棒のような役目を果たし、簡単には落ちてこないようになっているようだ。だけど、「あと少し、あそこに落とせれば、これ一気にいくでしょ!」みたいに思ってしまう。1PLAY100円。酔った勢いで300円ぐらい投入してしまうと、もう後へは引けなくなった。惜しいのだ。もう少しなのだ。

ゲーム王に、会えた!

しかもここで今私がやめて、次の人が一発で大量のお菓子をゲットしたとしたらどうだろう。悔し過ぎるではないか。「これもう、俺、絶対に落とすわ!」と、頭に血が上り、財布の中の千円札を両替して100円玉を次々投入。それでも全然落ちない。しかし、あと一歩だという気はする。やめられない。

確か、記憶では3,000円ほど使ったはずである。「やばい!俺もう3000円使ってるんだけど」と友達に言い、言った自分もそれを横で見ていた友達も笑いが止まらなくなった。「はははは!どんだけラムネ買えるんだよ!」と腹をよじるようにしながら、4枚目の千円札を崩しに行った時、そのゲームセンターに伊集院光氏が入ってきた。

私にとって当時の伊集院氏はとりわけゲーム通としてのイメージが強く、「週刊ファミ通」に連載をされていたり、ゲーム関連の番組にも出演されていたと思う。中学時代からゲームしかしてこなかったような私にとってはもちろん尊敬する人であり、想像上の人物のような遠い存在であった。そんな彼がいきなり現れたのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
パリッコ、スズキナオののんだ? のんだ!

スズキナオ /パリッコ

なんだか気ぜわしい僕たちの毎日には、楽しくて、ちょっとホッとできる「お酒」が必要だ! 本連載はそんなお酒をこよなく愛するあまり、「酒の穴」というユニットを結成してしまったパリッコさんとスズキナオさんが、酒にまつわるアレコレをゆるーく、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード