私の中の、愛を感じる愛情表現

複数の人と同時にそれぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイル「ポリアモリー」。ポリアモリー当事者のきのコさんは、先日、イベントの講師として招かれたことをきっかけに、「愛を感じる愛情表現」と「大切なもの」について考えたそうです。きのコさんにとって心地良いパートナーシップのかたちとはどのようなものなのでしょうか?


※きのコさんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください!HN・匿名でもかまいません。

こんにちは、きのコです。

今回は、ポリアモリーのイベントで、自分の中の「愛を感じる愛情表現」と「大切なもの」について考えたことをお伝えしようと思います。

愛情表現の方法は、人によって違う

先日、シブヤ大学の授業「ポリアモリーから考えよう ~私にとって心地よいパートナーシップ~」に講師として招かれました。
シブヤ大学とは、シブヤの街のあらゆる場所を「まなび」の場として誰もが“教える”先生にも“教わる”学生にもなれる、新しい「共育」システムです。)

その授業の中で、コーディネーターさんが考えてくれたグループワークが印象的でした。

まず、ゲーリー チャップマン『愛を伝える5つの方法』を基に、「愛を感じる愛情表現」について考えます。

上記の5つから、自分にとっての「愛を感じる愛情表現」に優先順位を付けます。

愛情表現の方法は、人によって違うもの。だから、自分がしてほしい愛情表現を相手に向けたところで、それが相手の求める愛情表現とは違う場合、うまく気持ちが伝わらないことがあります。自分と相手との「愛の一次言語(母語)」がそれぞれどのようなものか、要はお互いに「どのような表現から愛を感じるのか」を伝え合う中で、その違いを理解できるのです。

たとえば、私が「愛を感じる愛情表現」は、1番目が「肯定的な言葉」で、2番目が「身体的なタッチ」かな。「あなたのこういうところが好き」と言葉で伝えてもらったり、頭を撫でてもらったりすることで愛を感じます。(一方で、恋人たちとの日々の接し方を思い返してみると、Aさんの「愛を感じる愛情表現」は「身体的なタッチ」、Iさんの場合は「サービス行為」なんじゃないかな…?と思います。)

その表現の相違を知ることで、大切な人たちに愛を表現したい時、愛を表現してほしい時のコミュニケーションのすれ違いを減らせるのです。

心からつながるということ

愛情表現に順位をつけたら、その1番目と2番目を周りの人に聞いてもらい、NVCで使われるキーワードの中からぴったりくる言葉を選んでもらいます。選ぶ観点は、「この人は、これが大切だから、この愛情表現をしてほしいのかな?」という感じ。

ちなみにNVC(Nonviolent Communication)とは、非暴力コミュニケーションとも呼ばれています。コミュニケーションにおいて相手とのつながりを持ち続けながら、お互いのニーズが満たされることを目指して話し合いを続けていくという、共感を持って臨むコミュニケーションの方法です。

頭(思考)で判断・批判・分析・取引などするかわりに、自分自身と相手の心の声に耳を傾けて、今の感情・ニーズを明確にしていくことで、お互いの誤解や偏見からではなく、心からつながりながら共感を伴ってコミュニケーションをすることを主眼にします。具体的には、「観察」「感情」「ニーズ」「リクエスト」の4要素に注目しながら、コミュニケーションで起こっている問題・ズレを整理していくという方法をとります。

このNVCのキーワードに照らすと、私の場合は「コミュニケーション」や「うそじゃないこと」が大切だから、「肯定的な言葉」で愛を伝えてほしいのだと思います。

「今こそNVCを使うタイミングだ!!」

今回のイベントにおいては、ポリアモリーそのものを知ってもらうことだけでなく、ポリアモリーを材料としながら「自分自身にとっての心地良いパートナーシップのかたち」や「心地良いコミュニケーションのあり方」を1人ひとりに考えてもらうことに主眼をおきました。

私はポリアモリーにおいてNVCのようなコミュニケーション技法はとても有意義だと考えているので(もちろん、ポリアモリー以外にもあらゆる関係性において有意義ですが)、今回NVCを使ったワークができたことには大きな意味があったと思っています。

ちなみに先日、Iさんが私との共通の友人に対して怒っていたことがありました。私は「今こそNVCを使うタイミングだ!!」と思って「あなたは、~だと感じて怒っているの?」「それはつまり、~してほしかったということ?」と彼のニーズを知ろうとしたものの、Iさんの怒りは治まるどころか、「尋問されているみたいだ」とますますイライラさせてしまいました。

実はこれって、NVCをやろうとする時に「共感」のプロセスをきちんと踏まずに焦って先へ進んでしまうと、よく起こる失敗のようです。そもそも、私自身が彼の愚痴にイライラしている状態でNVCをやろうとしても、うまくいかないんだなぁ…と実感しました。

これだけいつもコミュニケーションについて考えたり語ったりしている私にとっても、やっぱりコミュニケーションって難しいものだし、そこには「正解」も「完璧」もないのだと身に沁みて思います。

家族でも、恋人でも、どんなに愛し合っていても、「相手と自分とのコミュニケーションのあり方は違う、大切なものも違う」という、当たり前だけれど、ともすれば忘れがちなこと。

自分と他人との「愛を感じる愛情表現」と「大切なもの」の違いを伝え合い、大切な人たちとより深く分かり合っていきたい、と気持ちを新たにしたイベントでした。

この連載について

初回を読む
わたし、恋人が2人います。

きのコ

「ポリアモリー」という言葉をご存じでしょうか? ポリアモリー(複数愛)とは、複数の人と同時に、それぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイルのことをいいます。浮気でも不倫でも二股でもない「誠実で正直な複数恋愛」とはどのようなものなの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

darling00000000 愛情表現の中にも特に愛情を感じる順位があるって初めて知れた。これ、元カレにおしつけてたかも。 4日前 replyretweetfavorite

shibuya_univ 先日の授業「ポリアモリーから考えよう〜私にとって心地よいパートナーシップ〜」にてご登壇いただいたきのコさんに、cakesの連載の中で、シブヤ大学での授業内容をご紹介いただきました。6/17まで無料で全文読めるようです。https://t.co/jKx1aZH0ri 5日前 replyretweetfavorite

orangesky1978 愛を感じる愛情表現がめっちゃおもしろかった!なるほど。仕事仲間とか友だちに対しても大切なことですよね。→ 6日前 replyretweetfavorite