野菜と魚と米の三位一体「アジのマデイラ風グリル定食」

新刊『ムイト・ボン! ポルトガルを食べる旅』も絶好調な馬田草織さんのレシピ連載。今回も、新刊には収めきれなかった、馬田さんがポルトガルで出会った料理をご紹介します。日本の食材でも簡単にできる「アジのマデイラ風グリル定食」とはいったいどんな料理でしょうか? cakesに連載中の『ムイト・ボン! ポルトガルを食べる旅』とあわせてお楽しみください。

cakes読者のみなさま、こんにちは。

今回も新刊『ムイト・ボン! ポルトガルを食べる旅』にちなみ、ポルトガルの旅先で出会った料理を紹介します。

普通ならリスボンから1時間半のフライトで気軽に到着のはずのマデイラ島。だのに私の場合、飛行機が視界不良で隣の島に緊急着陸し、さらに闇夜の船旅と、12時間かけてやっとこたどり着くという珍道中。リスボンから1000キロ離れたクリスチアーノ・ロナウドの故郷って、プライベートジェットがないと結構遠いじゃん、なんて小市民的グチをつぶやいてみたり。

と、いきなりアクシデントの大盛りで始まった旅が、翌日からは今度はいいこと色々でした。しょっぱなに理不尽続きでめげそうになったところに、今度は急に優しくされる的なギャップマジックもあって、一気にマデイラ島が好きになりました。単純だな、私(旅の詳細は、ぜひ新刊で楽しんでください!)。

ポルトガル本土よりむしろアフリカに近いこの島は、11月でもTシャツで過ごせる暖かさ。翌日は軽く朝食を済ませたら、まずは首都のフンシャルにあるレブラメント市場へ。市場は南国らしく色鮮やかな花と果物で溢れていて、メロンパッションフルーツ、トマトパッションフルーツ、バナナパッションフルーツと種類豊富なパッションフルーツがあちこちに山盛り。なんだそれ、とつぶやきながら片っ端から味見させてもらって、最後の方は何の果物を食べているのか分からなくなるぐらい、パッションフルーツの洗礼を受けました。ちなみに、名物は島バナナですが。

野菜や香辛料、ハーブにナッツなど市場のカラフルゾーンをひと通り見たら、いよいよ目当ての魚売り場へ。だってマデイラ島は、大西洋にぽつりと浮かぶ島ですもの、やっぱりハイライトは魚市場でしょ。マグロを解体する様子を見たり、ずらりと並ぶ黒太刀魚のグロテスクな顔を冷やかしたりしながら歩いていると、人懐っこい感じのおじさまと目が合って、突然呼ばれました。素直に近づいていくと、なんと魚の食べ方をレクチャーしてくれるじゃないですか。

写真左のフェルナンドさんは、少し離れた漁村の漁師。そばにあったピチピチのアジを手に「こいつはどうやって食べたらうまいか、お前さん知ってるかい?」と、具体的にアジを手にとり、教えてくれました。干物でしょ、とか、そういう余計なことはもちろん言いません。

「こうやってお腹をきれいに掃除したらさ、オレガノと塩をたっぷり詰めて塩焼きするんだよ。焼き上がったらレモンを絞って食べると、うんまいぞぉ」。おお、その様子をイメージしたら、アジが急に洒落た魚に思えてきた。これには白ワインかな、いや、ロゼどうかな。ヴィーニョヴェルデの赤もいいな。でもビールも合うし、んー迷うなあ。

市場を出たらちょうどランチタイム。その足で近くの店に入り、食べたのはマグロのステーキ定食。ここのマグロも、やはりオレガノで風味づけ。ほんのりにんにくをきかせてふっくらグリルしていました。しっとりした焼き加減にやさしい塩加減。魚のこと、皆さんよくわかっていらっしゃる。それをごはんや野菜と一緒に食べるのがおすすめの作法だと聞いて、きょろきょろしながらまねっこして食べました。なんてことない食べ方だけど、日本人である私にとっては、野菜と、グリルした魚と、米を混ぜていただくってなんか非常に新しい。野菜と魚と米の三位一体、これいいじゃん! しかもよく見ると、皿にのっている素材は日本でも手に入るものばかり。

マデイラには魚の食べ方の新しいヒントがあちこちにあって、嬉しくなって浮かれ気味の私。魚介類好きの土地にはワルはいないってことなのか、私が単純ってことなのか。しかもこの定食が5ユーロほど。マデイラ、ちょっと住んでみたい。私にできる仕事はあるかな。

この魚のグリルがすっかり気に入ったので、昨年11月に旅から帰ってすぐ、マグロの代わりにめかじきを使っためかじきのオレガノグリルとタイムごはんをご紹介しました。そして今回は、レブラメント市場のフェルナンド直伝、アジのマデイラ風グリルをご紹介します。

まさにこれから夏にかけてがアジの旬。どんどんおいしく、そして安くなる。ちなみに、この料理に使ったふっくら太ったアジは、都内の鮮魚店で1尾100円でした。旬のものは味も良くて安いし栄養豊富だから、食べない手はない、食べるべきです。いつもの刺身や塩焼きとはひと味もふた味も違うマデイラスタイル、きっと好きになりますぞ。それと、アジはフライパンで焼きます。クッキングペーパーを使うので後片付けも瞬時に終わります。皮が張り付いた焼き網の掃除とか、面倒じゃないですか。フライパンならその必要がありません。ね、なんか簡単でいいでしょ。

では、新鮮なアジを使って、パパッと作っていきましょう。

Menu do dia 本日のメニュー

「アジのマデイラ風グリル定食」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

人生を変えてしまうような味に会いたい!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

feilong 1件のコメント https://t.co/KX7TWHsieA 約1ヶ月前 replyretweetfavorite