ブスの自己紹介は、15秒~30秒

基本的に傾聴姿勢を保たねばならないブスにとって、自己紹介だけが唯一の自己表現の場。「ブスだけどちょっと話してみたいな」と思わせる自己紹介のテンプレとは!?

ブスの作業 15 自己紹介のテンプレを準備

注:本連載開始から「読者が実際に手と頭を動かす箇所」として、「ブスの作業」を提示している。「ブスの作業1~13」を読みたいあなたは、前回までの連載を見てネ。

基本的に合コンでは傾聴の姿勢をとってほしい。聞かれてもいないのに、ブスが自分のことを話してはダメだ。  
しかし、自己紹介だけは避けられないので、事前にテンプレをつくっておこう。  
自己紹介のときは、エレベーターピッチを意識する。

用語解説 エレベーターピッチ  
エレベーターピッチとは、エレベーターに乗る短時間のあいだに、クライアントにプレゼンをおこない、ビジネスチャンスにつなげるテクニック、つまりビジネストークのこと。目安は、15秒~30秒

短時間のプレゼンは、伝えることを整理して簡潔にまとめて話す必要がある。最低限、

・名前

・年齢

・所属先(会社名・学校)

・趣味や最近はまっていること

を入れ込み、笑いをとれたら花まるである。

ブスだけれども、一対一で話してみたいと思わせるためのきっかけを、15秒でつくれるかどうか。

大事なのは、具体的な趣味を言うことだ。

「散歩」→「高円寺を散歩」

「音楽」→「下北沢へライブを観に行くこと」

など、相手がその趣味を具体的に想像できるようなものを言う。

ブスなのだから、そもそも相手はこちらに興味がない。もっと言うと、あなたの自己紹介を聞くつもりがないとまで、言いきってしまってよいだろう。

ブスは常にマイナススタートなのである。  

美人であれば「散歩」→「えー! どこらへん散歩するのが好きなの?」と相手が会話を膨らませてくれる可能性があるが、ブスの場合は、こまかく具体的な情報を出し、無意識に相手にそれを想像させ、ピンポイントでそれに引っかかってもらえれば儲けものである。

「ブスの散歩」には興味がなくても、「ブスの高円寺散歩」であれば、高円寺が好きな相手に話しかけてもらえる可能性がある。  ここでいくつか私の練りに練ったテンプレをご紹介しよう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

大増刷決定!

この連載について

初回を読む
ブスのマーケティング戦略

田村麻美

税理士、大学院生、一児の母、そしてブスである田村麻美さんによる、「ブスが幸せな結婚&ビジネスでの成功」をかなえるための戦略論。誕生から、受験、処女喪失、資格取得、就職(即退職)、結婚・起業するまでの物語を赤裸々に記した半生記と、結婚・...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード