Webの仕事をしてると簡単にHPを作ってと頼むけど舐めてるの?

セツ子手作りのサンドアートを売ることを頼まれたユウカ。近くのリゾートホテルに卸しにいって、お土産売り場の現実を知る。

「ユウカさん、これを近くの○○ホテルまで持っていってもらえる?」

サンドアートを売ることを約束させられたユウカに、セツ子はさっそく手作りのサンドアートの小瓶を渡した。

「わぁ、綺麗ですね。全部で20個ですか?」

セツ子はサンドアートの小瓶を一個ずつ段ボールに詰めながら、数を数えて、そうねと答えた。

「これ、ホテルの土産コーナーに置いてもらってるのね。飾り付けとかはある程度自由にしていいそうだから、ポップとか置いてさ、売れるようにお願いしてもらえるかしら?」

「誰にお願いするんですか?」

ユウカは担当者の名前を聞いたつもりだったが、セツ子は、

「神様かしらね、あはは」と答えた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

thinktink_jp "「ユウカさん、すみません。ぼくもプロとして仕事をしているので。 #drip_app 5ヶ月前 replyretweetfavorite

bqpd_org ユウカ糞だな 5ヶ月前 replyretweetfavorite

brigandine9119 こんにちは、日本人さん サービスと仕事の境を履き違えていき過ぎるとこうなるんですね 5ヶ月前 replyretweetfavorite