野食で採れたてのおいしい野菜(の代用品)をタダで手に入れる

まだ知らぬおいしい野生食材を求めて日々東奔西走する野食ハンターの茸本朗さん。今日は、身近で採れる野菜の代用品をご紹介します。ダイコン、ネギ、レタス、ミツバetc...これを知っていれば、近所のあの場所が行きつけの八百屋に早変わり!?


こう見えて“畑”です

野食の魅力はいろいろありますが、そのひとつには「お店で売られるような価値のあるものを、自力で賄える」というものがあります。
ただ、仮にそんな獲物を採れたとしても、特別な道具や手段が必要で、お店で買うより高くついてしまっていたら……
趣味としては問題なくても「野食でエンゲル係数を下げる」を標榜して活動するぼくとしてはちょっとよろしくない。
せっかくなら、お店で買うより安く、楽して手軽に価値あるものを手に入れたいですよね?

そういうもの、実はたくさんあります! とくに今の時期、春から初夏にかけては、身近な環境で手に入る山菜・野草類が、栽培野菜の代用となってくれることも多いです。あるいは代用ですらない「そのもの」が手に入るときも……!

今回はそんな「食卓お役立ち野草」についていくつかご紹介したく思います。これを知れば、あなたの近所のフィールドが行きつけの八百屋に変わるかも……?


河川敷をあなたの八百屋にしよう

さて、今から採取を始めたい皆さんにいちばんオススメのフィールド、それはずばり河川敷です。

採取活動をしたことがない人に話を聞くと、懸念されているポイントはだいたい2つ。
「種類の判別ができない・毒のあるものを採取してしまいそう」というもの、そして「どこで採っていいのかわからない」というものです。

これは確かに非常に大切な問題。
我が国ではほとんどの土地には所有者が存在し、そこに生える植物の所有権も土地の所有者にあります。従って許可なくそれを採取すると窃盗の罪に問われる可能性があるわけです。
実際、毎年春になると「山菜の密採取者逮捕」のニュースがメディアを賑わせます。

家計のために野食を始めたのに、密採取をして罰金刑を食らったなんて話はギャグにもなりません。
そうならないためにも、誰でも採取が可能な場所を知っておく必要があります。
その代表が大きな川の河川敷なのです。
河川敷は河川法という法律によって管理がされているのですが、そこでは「竹木、葦、茅」以外の採取は特段禁止されていません(水系・区域によっては条例で採取を禁止している場所もあります)。

土地の形を変えたり、川の流れを変えるようなことをせず、節度を守った採取をしている限りは野草を採取することができるのです。

といっても、採れるものがなければ何の意味もない話。
野菜の代わりになるような役に立つ野草、本当に生えているの……?

ありまぁす!(←古い)
代用先の野菜とともにリストアップしていきましょう。


河川敷は代用野草の宝庫だ

●ハマダイコン→ダイコンの代用


いまの時期は鞘が美味しい

河川敷と言えばハマダイコン、ハマダイコンと言えば河川敷。
いや、実際にはそれだけではなく、海辺など水っ気のあるところならどこにでも生えている野草で、都心でも臨海エリアを中心にあちらこちらで見ることができます。

全草、見た目は完全にダイコン。葉や花茎をちぎって齧ると食欲の湧く香りとピリッとした辛さがあり、大根葉そのものとして活用できます。緑黄色野菜なのでビタミンもたっぷり!
夏が近づくと細長くくびれた実をつけるのですが、くびれができる前の未熟な果実は柔らかく、そのまま食べることもできます。大根の味のするさやえんどうみたいな感じでとても美味。

ちなみに冬の間は根を利用することもできますが、硬くて非常に辛味が強いので大根そのものの代用にするのは難しいです。


●ノビル→ネギ(青、白)の代用


植え込みや空き地など、どんな場所にも生えている

薬味に、具材に、大活躍のネギ類。食卓には欠かせない存在なのですが、実は河川敷で手に入ります。
その名はノビル。野蒜という字の通り「野生のネギ」で、ネギらしい筒状の葉をもち、ちぎるとネギの香りがするのですぐに判別が可能です。

ノビルを食べるというとすぐ「鱗茎(タマネギの部分)を食べるんでしょ?」と聞かれますが、一番美味しいのはいわゆる「白ネギ」部分。
生では爽快な香りと辛みが、加熱すれば甘味とトロッとした舌触りが楽しめ、まさに白ネギそのもの。
緑の葉はちょっと繊維質ですが刻めば青ネギの代わりに、初夏の花茎はニンニク芽の代わりにと、あらゆる場面で大活躍してくれます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
野食ハンターの七転八倒日記

茸本朗

「野食」とは、野外で採取してきた食材を普段の食卓に活用する活動のこと。 野食ハンターの茸本朗さんは、おいしい食材を求めて日々東奔西走。時にはウツボに噛まれ、時には毒きのこに中毒し、、、 それでも「おいしいものが食べたい!」という強い思...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yestarina 美味しそう。野草の見分けが本気で出来るようになりたい。そういう人、増えてるんじゃないだろうか。とりあえず自分は https://t.co/x6BkJL8lgA ボルチーニ茸の仲間を探したいが、間違いそうで怖い https://t.co/ZUrIkEqXu4 約2ヶ月前 replyretweetfavorite